【英語の発音】正しく発音できてますか?超効率的に発音を習得する方法

2020年7月14日

英語の発音に自信ありますか?

日本の英語学習では「英語の発音」は読み書きに比べるとやや軽視されがちで、英語の発音が苦手と感じる人は多いようです。

カタカナ英語の発音に慣れてしまっている人にとって、「英語の発音」というのはなかなかの高いハードルのようです。

今回は「英語の発音を矯正するコツ」についてご紹介したいと思います!

英語の発音が重要な理由

まず、日本人の苦手な「英語の発音」がどのくらい重要かについて解説します。

英語圏の人と会話する上で「発音」は非常に重要で、文法や単語が正しくても発音が正しくないと、相手に伝わらないということが多々あります。

特に英語圏の中でもあまり外国人と接することのない田舎の地域の人には、伝わりにくい傾向があるようです。

都市部の人であれば、アジア圏の人の英語も聞きなれているので、発音が多少違っていても通じることは多いのですが、それでも発音の違いによって聞き取れないということもあるようです。

そのため、その都度コミュニケーションが中断してしまうことになり、スムーズな会話ができなくなってしまいます。

度々聞き返されてしまうと、英会話に自信がなくなり、あまり積極的に話したいと思わなくなっちゃいますよね。

しかし裏を返せば、発音が正しければ単語が相手に伝わっているので、文法が完全でなくても通じやすいとも言えます。

日本人が英語発音を不得意とする理由

きちんと話しているつもりなのに、なぜ日本人の英語発音は伝わりにくいのでしょうか。
その大きな理由を解説します。

カタカナ英語に慣れてしまっている

日本人の英語が伝わりにくい大きな原因の一つに、「カタカナ英語」に慣れてしまっていることが挙げられます

日本の学校における英語学習が読み書きに偏っていたため、英語の正しい発音に触れる機会がとても少なく、これも英語の正しい発音習得ができない原因となっています。

単語の読みを、正確な英語の発音を意識しないままカタカナ読みで覚えてしまっていることが多く、英語の発音に対して馴染みがありません。

日本語にない発音が沢山ある

そして英語には日本語にない発音が沢山あるということ。

日本語の場合、濁音・半濁音を含めて約100種類程度の発音があります。

それに対し、英語の場合、アルファベットは「26文字」であるにも関わらず、一つの文字に対し複数の発音があったり、子音や母音の組み合わせによって読み方が変わったりするので、とても膨大な読み方のパターンがあるため、それが英語発音学習を難しくしてしまっています。

上記の理由から、日本人が通じる英語を話せるようになるためには、発音からしっかりと学ぶ必要があるのです。

発音が上手くなるためのポイント


英語の発音を向上させるためのポイントを理解していきましょう。

英語の音の変化を知る

英語の大きな特徴として、前後の単語によって発音が変化することが頻繁にあることを理解しておきましょう。

音の変化には以下のパターンがあります。

リンキング(リエゾン)英語の音と音を繋げて読む読み方。

【例】
I want you ⇒ アイウォンチュー

フラッピング「t」の発音を「r」「d」のように発音して読む読み方。

【例】
water ⇒ ウォーラー(ウォーダー)

リダクションスペル上で存在していても「読まない」或いは「非常に弱く読む」読み方。

【例】
sit ⇒ シッ
sit down ⇒ シッダウン

上記の音の変化のパターンには一定のルールがありますので、その法則を理解しておくことが大事です。

カタカナ英語で理解をしているとこの現象が分からず、単語をそれぞれ発音してしまいます。
それ故にネイティブの人に英語が伝わらないということが起きてしますのです。

アクセントとリズムを意識する

日本語は比較的平坦な言語と言われていますが、英語の場合は単語や文の中でのアクセントやリズムのつけ方を意識する必要があり、これに注意できていないと伝わらないことがあります。

英語はアクセントの位置が違うと伝わらなかったり意味が変わってしまったりします。
逆に聞き取る際にもアクセントの位置を正確に理解していないことで、単語を聞き取れなくなってしまいます。

アクセントのつけ方にはルールがありますので、そのルールを理解するようにしましょう。

英語の発音を矯正するには?ネイティブに伝わる英語を学ぼう

上記のように、英語は根本的に日本語と異なる部分が多く、日本語の発音の仕方をベースに覚えていると、読み書きができても会話では伝わらない英語になってしまいます。

英会話で使える英語を習得するには正しい発音を習得することがとても大事なのです。

フォニックス

そして英語の発音を一から理解したい人にご紹介したいのは、「フォニックス」という学習法です。
皆さんの中でも聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

この勉強法はアルファベットの文字一つひとつに「英語の発音を結びつける」ルールのことを言います。

英語の発音は非常に数多くありますので、まずはアルファベットになぞらえた発音を習得していくと良いでしょう。

例えば「a」「b」「c」...には「ア」「ブ」「ク」…というように、英語の発音の規則性に沿った発音を当てはめて覚えることで、これによって単語の読み方を理解したり、知らない単語でも読み方を予測することができるのです。

英語圏では幼稚園や小学校で学んでいますが、私たち日本人の大人が英語の発音を学ぶのには有効な勉強法と言えます。

大人の英語発音の学習はフォニックスを活用しよう!

もっと分かりやすい方法はないの?

とは言え、日本人にとってただでさえ馴染みの薄い英語発音。

もっと基本のところから慣れていきたい!
もっと分かりやすく学べる方法はないの?

という方もいるのでは?

そんな人はこんな勉強法に取り組んでみてはいかがでしょうか。

それは

「GT発音学習法」

です。

この勉強法は

「GIRL」と「TALK」の2つの単語の正しい発音をマスターすれば、
外国人に通じる英語の発音が身に付く
というもの。

さっき、「英語には沢山の発音があり、しかも音が変化する」とお伝えしばかりなので、「何を言ってるんだ?」となるかもしれません。

確かに英語には沢山の発音がある事実は変わりません。

では、「GIRL」と「TALK」という2つの単語をマスターすればいい、

というのはどういうことなのでしょうか。

GT発音学習法とは

この勉強法で重要なのは

「GIRL」と「TALK」には、日本語にはない重要な発音の要素が全て詰まっている

ということ。

つまり、この2つの発音をマスターできれば、他の英語の発音にも応用が利くようになる、ということです。

日本語にない発音=発音すること自体に慣れていない

ということですから、まずは英語の発音の仕方に慣れることで、英語発音をマスターしやすくなる素地を作るということになります。

英語の発音に全く自信がない人向け

ここまで紹介してきた「GT発音学習法」ですが、英語学習をしたい人の中でも「初心者~中級者」向けの教材と言えるでしょう。

全く英語そのものに馴染みがない人や、英語の文法や単語の意味は分かるけど、カタカナ英語で発音に自信がない…という人に是非トライしてみてほしい教材です。

この教材で英語の発音力が付く目安の期間は

「3日間」

1日30分程度の練習を続けることで、最短3日間でマスターできるそうです。

内容は60分の映像教材、価格は¥1,200なので、これならば、英語発音の学習の入り口として取り組みやすいですよね。

GT英語発音プログラムの内容

  • すべての単語の発音を練習するのではなく
    『Girl』と『Talk』のみを使い発音をマスターする方法とは!?
  • 意識を少し変えるだけですべての英単語に応用して使えるようになる
    英語の発音方法とは!?
  • 外国人が敬遠する日本人特有の癖を解消しネイティブ英語を最短で
    話せる
    ようになるコツとは!?
  • 初めて知った単語でもスペルの並びを見ただけで外国人並みに
    正確でスマートな発音ができる方法とは!?
  • 外国人と話しても二度と聞き返されない英会話スキルを習得するために
    発音練習をするスペル2つとは!?
  • ネイティブ英会話をマスターするためには避けては通れない
    発音練習の基本中の基本
    とは!?
  • 現地で使って悪い気持ちは一切ないのに外国人から
    『喧嘩を売っている』と勘違いされがちな英単語とは!?
  • 間違った発音で外国人の前で使ってしまうとめちゃくちゃ恥ずかしい
    みんなが知っている英単語
    とは!?
  • 家庭でもちょっとしたすきま時間でできる英語が苦手な方に
    ぴったりな発音練習とは!?
  • これを見ると思わず発音してしまいたくなる英単語が実は
    現地でまったく違うニュアンスで使われていた単語とは!?
  • 外国で通じなくて愕然する人が多い数字の発音力を身につけるために
    何よりも重要なコツとは!?
  • 学生時代に英語のリーディングでついてしまった悪癖を治すために
    意識するたった1つの思考法とは!?
  • たった3日間で英会話教室やマンツーマンレッスンを受ける人よりも
    レベルの高い英会話スキルをマスターする方法とは!?
  • 自分で勉強内容の主導権を握りつつ外国人から
    『あの人の発音ステキ』と思わせる発音練習方法とは!?
  • 日本人が外国人に指摘されていまいちピンと来ない英語独特の発音を
    自力でマスター
    する方法とは!?
  • 自分の発音を客観的に見ることができ自分で恥ずかしいと思った
    改善点
    に気づくことができる方法とは!?
  • 外国人が聞いて無意識にイラっとする
    日本人が最も上手く発音することができないスペルとは!?
  • 英語の発音を練習するうえで最高に使える誰もが知っている
    おすすめのアプリ機能とは!?
  • 3日間で以前とは比べ物にならないくらいの英会話スキルを
    ゲットするために守るべき3つのステップとは!?
  • 実際にお話をする外国人がいなくても一人で発音練習をして
    マスターしたと判断できる合格基準とは!?

英語の発音がうまい人はヒアリングもできる

正しい英語の発音を理解している人は、ヒアリングの力も向上しているので、相手の話していることを正確にキャッチでき、コミュニケーション能力も必然的に向上します。

英語を話すことに抵抗や恥ずかしさがなくなるため、自分の英語に自信が持てるようになります。

それが結果的には英語学習へのモチベーションを高めることになるので、どんどんと英語の力が身に付くことになるはずです。

発音の習得は英語学習にとってとても重要であることをお伝えしました。
是非これを機会に正しい発音を習得してくださいね!

  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

英語学習サイト「1億人の英語」を運営。

1億人の英語は英語学習初心者向けに、英語の資格試験対策の情報や海外旅行などですぐに使えるフレーズなどを毎月配信。 腰が重くなりがちな英語学習が楽しくなるようなコンテンツを提供するメディアです。

英語講師や英検やTOEICの階級・スコアの保持者、渡航経験のあるライターを迎え、日本人が英語学習を通して実用的だと実感した事柄を軸に、記事をお届けしています。

学びたいことや知りたいことのリクエストは随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ
Twitter

-英語発音
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.