日本人が英語で話せないのは日本人だから!? | 話せるようになるには

日本人は勤勉な国民性と言われているにも関わらず、英語を母国語としない他の国と比べて、英語を話せる人が少ないと言われています。

あなたが今、英語を話せないのは英語の授業をまじめに受けていないということなのでしょうか?

…それは違います。

実は日本人が英語を話せない理由には、日本特有の理由があると考えられます。

Q.日本人が英語を話せない理由は?

日本人が英語を話せない理由について5つあげてみました。
それぞれ見ていきましょう。

日本語と文法が全く違う

英語は日本語と文法が全く異なっており、動詞や副詞などが出てくる順番が異なります。

そのため、英語の語順に慣れていない私たちにとってハードルの高いものとなっているのです。

読み書きを中心に学んでいる

日本の英語教育は基本的に「読み書き」に重心がおかれています

中高6年間で英単語や英文法を中心とした学習をしています。

基本的に読んで書いて覚えていく詰め込み型なので、理解度・定着度があまり高くなく、
徐々に英文法が難解になるにつれて、ついていけなくなる人も多いのです。

受け身の学習

文法中心の学習、単語や熟語の暗記、リスニング、ライティングなど様々な方法で英語を叩き込んでいますが、「インプット」中心の学びで「話す」練習が圧倒的に足りていません

そのため、英文は理解できるのに、文章を構文しながら話すという力が全く身についていないのです。

話すことに慣れていない

日本という国は今まであまり外国人と出会うことが少なく、国外に出ない限りは英語を話す必要を問われることはありませんでした。

また、和製英語やカタカナ英語のような日本でしか通じない英語があることも原因となっています。

間違いを恐れる国民性

日本人は「恥ずかしがりや」で「完璧主義」の側面が強い気質を持っており、「間違える事」に対しての強い恐怖感を持っています。

「間違えたら恥ずかしい」という感情が、英語を発話することに躊躇いを持たせているのです。

このまま英語が話せなくてもいいのか日本人!?

今は良くとも、今後外国人と接する機会が多くなることを考えると、このままうかうかもしていられないようです。

今後、若い世代の人たちは英語が話せて当たり前の人たちが増えてきます。
そんな彼らはここ数年で既に社会で活躍をしています。

いつまでも「英語が話せない」ということに甘んじていられなくなる状況は数年でやってくることでしょう。

今から何をすればいいの?

今から学ぶとしても、文法や単語をまた一から覚え直して…なんてやっていると、何年かかるかわかりません。

仕事を持っている人ならば、そんに時間を取ることなんてできませんよね。

では、まず最初のステップとして「英語で基本的な発言ができる」ようになりませんか?

このステップの目的は「簡単でもいいから英語で話す」

ことです。

中学校英語でも構いません。

多少間違っていても構いません。

英語圏の人は、間違っていてもからかったりなんかしません。

あなたもそんなことはしないですよね?

大事なのは「英語で話すことの恥ずかしさを取り除くこと」

ことさら日本は恥の文化と言われているので、

恥ずかしいことへの恐怖感が強いですが、

何もしなければ変化も伴いません。

これをすることで「英語を話すことへのハードルを下げる」のです。

まずは簡単な英語でも伝わる英文を覚えておくことで、伝わらない恐怖感を取り除きます。

話せるようになる一番の近道

英語を話せるようになるための一番の近道は、

「よく使う表現を覚えて使えるようになっておくこと」

です。

先ほど日本人は文法中心の学習をしてきたと言いましたが、

日本語と根本的に文法が異なるため、

頭の中で文章を作ってから話そうとしがちです。

しかしそれでは会話するには遅すぎますよね。

ならば、よく使う表現を覚えてしまうほうがとても現実的です。

こうすれば、いちいち話す英文を頭の中で一から組み立てずとも、パターンに当てはめて話すことで会話が成り立つようになります。

どのように勉強したらいい?

英会話に特化したこのようなパターンを覚える学習法は、

比較的知られていて、有名な教材もいくつかあります。

今回はそのうちのいくつかをご紹介します。

【7+English】


ネット上でも高評価の教材ですが、この教材は日本の英語教育の第一人者である「七田眞」氏による「七田式」メソッドをベースに開発された教材で、世界18か国100万人以上が実践したと紹介されています。

日常的に使うお決まりのフレーズを60日間でマスターをするという教材で、聞く・呟くを繰り返して定着をさせるという教材です。

フレーズを覚える教材なので、英検やTOEIC学習には向きませんがまず話せる様になりたい人は適した教材です。

申し込みの方にはスペシャル特典を無料贈呈中
【7+English】公式サイトへ今なら通常価格¥21,600を、特別特価¥16,800で販売中!

酒井式 Simple English

こちらも英文パターンを覚える学習法の教材です。

全部で覚えるべき文章は81パターンとしており、具体的な目標を掲げながら覚えていくので、成長が実感しやすい教材と言えます。

また、教材の前半は英語に苦手意識を持つ日本人に対し、英語への向き合い方について書かれているので、先入観をほぐしてから取り組む事が出来ます。

さらに英語でイマイチ理解しにくい「冠詞」「不規則動詞」「前置詞」を分かりやすく解説した教材や、購入者限定メンバーズサイトへのアクセス権がついているので、英語力のフォローアップもできます。

しかし、こちらも7+English同様、英会話に主体を置いており、英検やTOEIC対策には向いていません。

申し込みの方には13大特典を無料贈呈中
【Simple English】公式サイトへ
90日間以上、上達を感じられなかった場合は全額返金保証付き

英語ぺらぺら君

最後に紹介するのはこちら。

こちらも英語フレーズのパターンを覚えていく学習教材です。

内容は「質問と答えを繰り返すことで会話の練習をする」クエッショニングというものを採用しています。

そして「定型の英文」×「日常会話で使う単語」に絞って学んでいくことで、話せる文章を量産していくという学び方をしていきます。

テキストは海外旅行に行った場合を想定した実用性の高いストーリーなので、実際に旅行に行った場合にも使えるのがメリットです。

また、前述した教材に比べて価格が比較的安く、税込\9,800と始めやすいのもこの教材の特徴です。

英語ぺらぺら君のメリットまとめ

  • 日常会話で使う単語だけに絞り込んでいるので無駄がない
  • パターン認識法で英文を横展開で覚えていけるので負担が少ない
  • 海外旅行に特化したストーリーで使用シーンをイメージしやすい
  • 安価で手を出しやすい
申し込みの方には13大特典を無料贈呈中
【英語ぺらぺら君】公式サイトへ
90日間以上、上達を感じられなかった場合は全額返金保証付き

まず話せるようになるなら最適教材

今あげた教材はどれも「英会話ができるようになる」には取り組みやすく、効果が期待できる教材と言えます。

難しく考えずに取り組めるので、英語に対する苦手意識をほぐしやすく、英語学習の土台を底上げすることにも繋がります。

英会話教室や高い教材に取り組んでみる前に一度試してみる価値ありですよ!

  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

当サイト「1億人の英語」を運営。 様々なシーンで使えるフレーズや英文法の基礎など、日本人が抱えている英語の「苦手」を解決するためのコンテンツを随時配信中。

-英会話
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.