【リスニング力向上】ディクテーション対シャドーイング 効率的なのは?


英語のリスニングの勉強法としてよく知られている「ディクテーション」と「シャドーイング」。どちらもリスニング力向上には非常に有効ですが、実は効果に違いがあることはあまり知られていません。

そのため、「リスニングを向上させたいけれど、どちらの方法で勉強したらいいのか分からない」と迷っている読者の方も多いかと思います。そこでこの記事では、ディクテーションとシャドーイングについて、その目的や効果の違いを詳しく解説。ご自身が具体的にどのようにリスニング力を向上させたいのか、その目的に応じて適した勉強法を取り入れるようにしましょう!

ディクテーションとは?

まず最初にご紹介するのは「ディクテーション」。ディクテーションとは、スクリプトを見ずに音声を聞き、聞こえたとおりに英文を書き取っていく勉強法です。紙と鉛筆に音声さえあればすぐにスタートできるので、気軽に始められる勉強法と言えるでしょう。

ディクテーションの目的

ディクテーションの目的は、聞き取れない箇所を洗い出し、聞き取れるように補強をしていくこと。一通り英文を自分なりに書き出し、後でスクリプトと照らし合わせていけば、自分の弱点を明確にすることができます。具体的に何に注目していいか分からないという方や初心者の方向けに、ディクテーションで着目すべき3つのポイントをご紹介しましょう。

知らない単語はあったか

スクリプトと照らし合わせて答え合わせをしたら、まずは聞き取れなかった部分を徹底的に検証します。聞き取れなかった理由として最もシンプルな理由は、「単語を知らない」ということ。単語自体を知らなければ、当然聞き取ることはできません。こうした単語をリストアップし、オリジナルの単語帳などを作成すれば、効率よく語彙力アップを図ることもできます。

知っているのに聞き取れなかった単語はあったか

ディクテーションで一番大切なのが、意味も発音も正しく理解している単語なのに聞き取れなかったというケース。この場合、聞き取れなかった理由のほとんどは、「前後の単語とのつながりで音が変化した」というものです。

こうした音の変化はルールを知らないとなかなか聞き取れるようにはなりませんので、音がどのように変化するのかをまとめた記事(音の繋がりを理解できれば英語リスニング力は確実に上がります!)も併せてご確認ください。

単語にスペルミスはなかったか

ディクテーションをすると、聞き取れたのにスペルが分からないという単語がたくさん出てくると思います。こうした単語はまだ完全に自分の中に定着しきっていない証拠。言い換えれば、あとはスペルさえ覚えれば自分のものにすることができます。紙に何度も繰り返し書くなどして、スペルを暗記してしまいましょう。

ディクテーションの効果

一通り自分の聞き取れなかった箇所を洗い出したら、あとはスクリプトと見比べながら何度も聞き、さらに慣れてきたらスクリプト無しでも全文が理解できるまで繰り返し聞きましょう。その際、ただ目で追って聞くだけでなく、文章の内容を理解しながら聞くことがポイントです。

この一連の作業を繰り返していけば、聞き取れる箇所が自ずと増えていき、文章全体としての繋がりも理解できるようになります。地道な作業に思えるかもしれませんが、リスニング向上には非常に効果的な方法ですので、ぜひお試しください!

シャドーイングとは?

続いてご紹介するのは「シャドーイング」という方法。もともと同時通訳者のトレーニングに使われていたもので、音声を聞きながら聞こえてきた英文と同じように発話していく勉強法です。こちらも必要なものはテキストと音声だけですので、とても気軽に始めることができます。

シャドーイングの目的

シャドーイングの目的は、リアルタイムで英文の内容を理解しながら発話していき、識文能力を高速化していくこと。多少分からない単語や文法があってもとにかく聞こえた通りに声に出すことで、英語独特のリズムを身に付けることができます。具体的に何に注目していいか分からないという方や初心者の方は、以下のポイントに着目しながらスクリプトと見比べると効果的です。

聞き取れなかったのに知っている単語はないか

シャドーイングをすると一番多く見受けられるのが、「なんて発音しているのかわからなかったのに、スクリプトを見てみたら知っている単語や文法だった」というもの。この場合、単語の正しい発音が身に付いていない証拠ですので、スクリプトと見比べながら繰り返し発音することで正しい発音を身に付けることができます。また、こちらも前後の単語とのつながりで音が変化しているケースもありますので、発音変化のルールを把握しておくことがやはり大切になってきます。

聞き取れたと思ったのに違う単語だった

「聞き取れたと思っていたのに、スクリプトと見比べたら全く違う単語だった」というケースもたくさんあります。もしこのようなケースが実際に起こったら、それぞれの単語の発音記号を調べて、なぜ混同してしまったのか理由を突き止めるのが効果的。発音記号を正しく理解すれば他の単語にも応用することができるので、一石二鳥と言えるでしょう。発音記号が全く分からないという方は、それぞれの単語をインターネットの音声機能などで確認し、発音の違いを聞き取ることが大切です。

シャドーイングの効果

スクリプトと見比べたら、今度は英文の内容をじっくり理解するようにしましょう。一度完璧に内容を理解してから再びシャドーイングすることで、英文の理解スピードがグッと高まり、英語でのコミュニケーション能力が飛躍的に向上します。

また、シャドーイングはイントネーションやアクセントが自然と身に付くので、スピーキング力の向上にも絶大な効果をもたらします。日本人アクセントのままではいつまでたっても「理解される英語」にはならないので、シャドーイングを通して「理解される英語」の幅をどんどんと増やしていきましょう。

英語の勉強で効率的なのは?

リスニング力を向上させるという点においては共通している2つの勉強法ですが、それぞれ目的や効果に多少の違いがあることがお分かりいただけたでしょうか。改めてどちらの方法がより効率的なのか、伸ばしたい分野などに応じてタイプ別に分類しますので、該当すると思った方を選択してみてください。

ディクテーションがおすすめな人はこんな人!

ディクテーションの方が向いているという人は、ずばり「リスニングと同時にライティングを伸ばしたい!」という方です。

ご紹介の通り、ディクテーションでは正しい文法やスペルを習得することができ、英文の構造や言い回しなどが自然と身に付きます。そのためライティング能力を伸ばすには非常に効果的な方法とされていますので、ビジネスメールや手紙など、「書くこと」を重要視する方にはディクテーションがおすすめです。

シャドーイングがおすすめな人はこんな人!

一方、シャドーイングの方が向いているという人は、ずばり「リスニングと同時にスピーキングを伸ばしたい!」という方です。

シャドーイングでは英語の意味や構造を理解しながら、実際に自分の口で発話するので、スピーキング力への影響も非常に大きいと言えます。ネイティブに近い発音を身に付けることができますので、ビジネス英会話や海外旅行など、実践的に「話すこと」を重要視する方にはシャドーイングがおすすめです。

ディクテーションにもシャドーイングにもおすすめのコツとは?

最後に、ディクテーションにもシャドーイングにも共通して言うことのできる、リスニング向上のためのコツを2つご紹介します。

簡単と思える程度のレベルから始める

「リスニングを向上させよう!」と思い立ったら、ついつい高い目標を掲げて難しい教材からスタートしてしまう方も少なくないかと思いますが、ディクテーションやシャドーイングはちょっと簡単と思えるくらいの教材から始めるのがおすすめです。

理由はシンプルで、あまりにも難しい文章だと、どれだけリスニング練習を重ねても聞き取れない理由を識別するのが困難だからです。理解度としては全体の7~8割ほどが分かる状態で練習していくことがおすすめですので、初めのうちはあまり背伸びせず、徐々にスキルアップしていくことを意識がけましょう。あまりにも内容が難しすぎると、モチベーションを維持するのも難しく、途中で投げ出したくなる原因にもなりかねません。

慣れてきたら速度を調整する

ご紹介した方法で一通りディクテーション、シャドーイングが終わったら、速度を上げて聞いてみるのも非常に効果的です。内容を全部理解できたはずなのに、1.5倍にしたら分からなくなったとしたら、その部分はまだ完全に聞き取れていない証拠。最後にもう一度繰り返すことで定着を図ることができます。

予め1.25倍や1.5倍速の音声が収録された教材もありますし、なくても手持ちのCDプレイヤーなどで倍速再生をすることは可能かと思います。これに慣れると通常の英語が遅く感じ、より聞き取りやすくなるという効果も得られますので、ぜひ最後のおまけとして取り入れてみてください。

目的に応じて正しい勉強法を!

ディクテーションとシャドーイングはどちらもリスニング勉強法としては非常に効果的で、どちらが優れているということはありません。

大切なことは自分が「どんな目的でリスニングを伸ばしたいのか」、「リスニングを伸ばしてどんなシーンで活用したいのか」を明確にし、それに適した勉強法を選択することです。もしどうしてもそれが分からない場合は、試しに両方やってみて、自分に合っているなと感じた方法を採用してみるのも良いでしょう。

ぜひこの記事を参考に、それぞれの目的や効果をよく理解して、自分にぴったりのリスニング勉強法を選択してくださいね!

「まずは英語で話せるようになりたい!」
「英語は何となくわかるけど話そうとすると頭が真っ白…」

という人は「たった3か月で英語で日常会話ができる!?英語を話せるために重要なこと」という記事も参考にしてみましょう!
日本人特有の英語が話せない理由がきっとわかります!

-リスニング
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.