英検準1級に合格するためには?目安の勉強時間と対策方法をご紹介


この記事を読んでいる方の中には英検2級を持っている方も多いかと思いますが、英検2級と英検準1級の間には大きな壁があると言われており、レベルも一気にアップします。実際、

英検準1級のレベルは「大学中級程度」とされていますが、その合格率はおよそ15%程度とあまり高くありません。
しかし、「英語を実践的に使える」というレベルに到達するには、ここまでは取得しておきたいところです。

では、英検準1級に合格するにはどのくらい勉強する必要があるのでしょうか。
また、試験合格のためにはどのようなことを理解しておくべきなのでしょうか。

英検準1級のレベル・合格率とは?合格をするためにはどこまで必要?

英検準1級の合格を目指すには

まずは語彙力を高めることから始める

英検準1級に必要な単語数はおよそ7,500~9,000語と言われており、これは難関大学入試に必要な6,000語よりも多い数字。英検2級は約5,000語と言われていますので、まずは語彙
力を高めることが重要です。もし過去問などを解いてみて知らない単語が多いと感じたら、まずは単語を地道に覚えるところから始めましょう!

おすすめ単語学習教材

効率よく英単語を勉強したい方には、下記のような参考書もおすすめ。スキマ時間を有効活用して、ぜひ単語力を効率よくアップさせましょう。

【音声アプリ対応】英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

単語王2202

単語学習の勉強方法

覚えるだけの単語学習と言っても、闇雲に勉強をするのはNG。語彙力アップに効果的な方法を身に付け、なるべく短時間で覚えるのがおすすめです。

反復学習一度覚えればOKではなく、単語は繰り返すことで初めて定着します
イメージで覚える覚えづらい単語は何か映像などとイメージづけて覚えるのも効果的です
音と一緒に覚える何度も口に出し、音として耳からも記憶すると定着しやすくなります
寝る前に学習する単語などの単純記憶は寝ている間に定着すると言われています
同義語を意識して覚える単語を個々に覚えるより、単語同士をリンクすることで定着度もグンと上がります

学習時間の目安は?

学習時間の目安は学習内容ややり方にも左右されるので、具体的に何時間必要かとは明確に言うことはできません。
英検2級の人が準1級を取得するのに必要な学習時間は300時間~1600時間と言われていますが、かなり幅がありますね。

日本の英語教育にかける時間は中高で約1000時間程度、他の英語を母国としない国に比べると1/2~1/3と圧倒的に短く、英語を習得する素地を学校教育だけで築くのは難しい環境にあるため、英語に自信がない人は結構な時間を要するでしょう。

そのため、学習時間の目安ありきで考えるのではなく、以下を考えながら学習プランを立てましょう。

  1. 習得に必要な学習内容
  2. 生活の中で捻出できる勉強時間
  3. ①、②を元に学習スケジュールを立てる

試験対策

一次試験

リーディング

リーディングは配点率が約半分と高く、合格点を目指すならば無視はできません。
問題は短文・長文の空所補充、内容一致選択で構成されており、英文の意味を理解しなければ解答は難しいでしょう。読解力に自信ない方は、まずは大学受験の内容を解けるレベルまで読解力を高めていきましょう。

また、試験時間内で解かなければならないので分からない言葉を考えている余裕はほとんどありません。
前述のとおり語彙力を高めることに努めることが重要です。

また、語彙力があれば、内容一致選択問題で分からない単語が出てきた場合でも、問題の英文の前後から内容を推測することもできます。

英検準1級で出題されるリーディングのジャンルは非常に幅広く、多少専門的な内容になることも珍しくありません。芸術、テクノロジー、社会問題、教育など多岐にわたって出題されますので、日頃から様々な分野の英文に触れておくのがおすすめ。もし苦手な分野が出題されても「お手上げ」ではなく、最低限の対応はできるようにしておきましょう。何度も何度も実戦形式で慣れていけば、多様なテーマに触れつつ、総合的な語彙も養うことができますよ!

ライティング

ライティングは出題されたトピックについてエッセイを書く内容で、下記の観点で採点され、問題の指示通りにしっかり書けているかが見られます。

内容書かれた内容の主旨が指示通りであるか。納得、かつ具体的な内容か。
構成指定されたエッセイの構成通りに書かれているか。
語彙おかしな表現やスペルミスなどがないか。語彙が豊富であれば加点の可能性。
文法正しい文法で書けているか。

「指定された主旨、構成の通りに伝えたいことを正しく伝えらえるか」を採点する問題なので、難しい表現などを使わずにある程度簡単でもいいので、相手に正しく伝えられる表現を使うことが、確かな得点に繋がります。スペルミスや文法ミスと言った細かなミスも減点対象になりますので、ケアレスミスをしないよう細心の注意を払いましょう。

リスニング

英検準1級のリスニングで読み上げられる英文は速度が速く、内容も難解になるので、英検2級の取得者であっても、ショックを受けてしまうかもしれません。

繰り返しますが、まず知らない単語をしっかりと固め語彙を高めましょう。
見たこと、意味が分からない、聞き取ることができないのか、どれであってもしっかりと理解できているように素地を固めておきましょう。

そして聞き取りは、文字を一語一句聞き取りができる力ができるよう英文を聞き取ることに慣れるようにしましょう。そのためには、まずは聞き取れる音を増やすこと、英語を聞き取ることに慣れるためリスニングを日課にすること、そして聞き取れなかった部分は何度も何度も繰り返し、反復学習をすることがとても大切です。

過去問や予想問題を使いながらシャドーイングを組み合わせて勉強しましょう。

過去問を活用する

英検の出題形式に慣れるのに最も効果的なのが過去問です。勉強前に腕試しがてら解いてみれば、自分が現状どこまで達しているかを知ることもできますし、その後の対策を具体的に練ることもできます。また、過去問が似たような形で出題されることも珍しくないので、出題の傾向を知ることは極めて重要だと言うことができます。

二次試験

スピーキング

二次試験は面接形式でスピーキングを評価されます。
試験は全て面接委員と英語でコミュニケーションを取ります。

面接委員に渡された問題カードを見て、カードの内容について2分間のナレーションをします(言いだし部分は指定される)。
そしてで問題カードの内容について質問をされるので、英語で答えていきます。

二次試験の合格率は85%程度と高く、一次試験を通過した人ならさほど難しい内容ではありません。

しかし、英語力はあるのに、口ごもったり咄嗟に話すべきことが浮かばなかったりと、自然に会話することができず、減点されてしまうことも。

身近に英語を話せる人がいれば、発話をする練習をして自然な流れで会話ができるように慣れておくようにしましょう。

英検準1級レベルの英語力が求められる仕事とは?
英検準1級であれば、どんな仕事が視野に入ってくるのでしょうか。

レベルについての章で触れたように、英検準1級であれば英語力は実践的であると見られますので、英語力の観点で言えば大体の企業の求める水準はクリアできているでしょう。

英語を主軸とする仕事であれば、企業の海外事業部門や外交官、国際部門担当の公認会計士などが現実味を帯びてくるでしょう。

翻訳や通訳、国連職員などを目指すのであれば、ネイティブレベル以上の英語力を求められますので、次のステップとしてぜひ英検1級を目指してみてください。

まとめ

英検準1級は円滑な英語のコミュニケーションにおける入口、ここまでくれば英語における可能性が拡がって見えてくることでしょう。
どこかのCMではありませんが、世界の英語人口は15億と言われています。世界の共通語とも言われていますので、自らの世界をさらに切り開いていくには大きな武器となりますので、これからもぜひ英語の力をブラッシュアップしていってくださいね。

英語スキルを上げるための情報が届く!無料メルマガ登録フォーム

-その他
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.