英語プレゼンに役立つフレーズ集 進め方のコツもご紹介


ビジネスで英語を使おうと思ったら、避けて通れないのが英語でのプレゼン。日本ではプレゼンをする機会は少ないかもしれませんが、英語圏をはじめとした国際的な企業ではプレゼンは日常茶飯事です。

おそらくこれからビジネス英語を習得しようと思っている方は「英語でプレゼンなんてしたことない」という方がほとんどかと思いますが、これから英語をビジネスで使おうとしているなら、プレゼンの進め方について知っておくことのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

そこで今回は、初心者の方でもすぐに分かる英語プレゼンのポイントをじっくり解説いたします。
英語でのプレゼンの基本的な進め方とフレーズについてご紹介しますので、英語でのプレゼンが不安だという方はぜひ参考にしてくださいね!

英語プレゼンの基本構成とポイント

まず英語でのプレゼンを習得するためには、プレゼンの基本構成から押さえておきましょう。日本語のプレゼンとは大きく順序が異なりますので、まずはこの骨組みをフォーマットとして身に染みこませることが重要です。

英語でのプレゼンの基本構成は、大きく分けて以下の3つのパートから成ります。

  1. イントロダクション
  2. 本題
  3. 結論

大まかに説明すると、イントロダクションで聴衆との関係を築き、本題で結論とその理由を明確に説明、結論で再確認といった流れになります。聴衆の頭に残るプレゼンするためには、簡潔かつ分かりやすいプレゼンが必要とされますので、まずはこの構成を覚えたうえで、いかにシンプルかつ明確にしていくかを考えていきましょう。

イントロダクション(導入部分)

それでは具体的に、3つそれぞれのパートについて詳しく見ていきましょう。

まずプレゼンの一番最初に行う「イントロダクション」とは、一言で言うと聴衆との関係を築いていくパート。聴いてくれている人に対して「この人のプレゼン、面白そう」、「この人のプレゼンは聞く価値ありそう」と思わせるかどうかが、一番重要なポイントになってきます。

具体的には、以下のような内容を盛り込むと良いでしょう。

  • 挨拶
  • プレゼンの場を与えられたことの感謝
  • 自己紹介
  • 雰囲気作り
  • 今回のプレゼンのテーマや構成、プレゼンの時間、質疑応答について説明

例えばアメリカでは「アイスブレイク」という考えが浸透していますが、プレゼンを始める前のどこか堅苦しい雰囲気を、何か気の利いたジョークや何気ない会話で和ませることができれば、その人は「プレゼンがうまい!」と評価されるようになります。

もちろん「アイスブレイク」を最初から上手く英語でできる人などいませんので、まずは場の空気に飲まれず、せめて表情だけでも明るく振る舞うと良いでしょう。

よく使う表現

それではここからは、皆さんがそのままイントロダクションで使うことのできる便利な表現をご紹介していきましょう!

挨拶

Good morning
おはようございます

Hello, everyone.
皆さん、こんにちは

Good afternoon, ladies and gentleman.
皆さん、こんにちは

感謝

Thank you for coming today.
本日はお越しいただき、ありがとうございます

I’m so glad to speak here today.
本日はここでお話しできて嬉しく思います

I’d love to thank you for giving me this great opportunity.
この素晴らしい機会を与えて頂き、感謝いたします

自己紹介

I’m ...(自分の名前)
私の名前は~です

Let me introduce myself.
自己紹介させてください

I’m in charge of ~ at (会社名)
私は(会社名)で~を担当していますす

基本的な説明フォーマット

冒頭の挨拶や自己紹介が終わったら、ここからはプレゼンの構成について紹介していきます。

今回のテーマや目的

I’m here to talk about~
私は~について話します

The main purpose of today’s presentation is~
本日のプレゼンの主な目的は~です

Through this presentation, you will know ~
このプレゼンを通して、あなたは~を知ることができます

構成と時間

My presentation is divided into ~ parts.
プレゼンは~つのパートに分けられます

My presentation will last for ~ minutes.
プレゼンは~分ほどです

質疑応答について

At the end of the presentation, There will be time for questions
プレゼンの終わりに質問タイムを設けます

If you have any question, please feel free to ask.
何か質問があればどうぞご質問ください

本題部分

イントロダクションが終わったら、ここからはいよいよプレゼンの本題部分。まず最初にプレゼンの骨となる結論を発表しますが、その際に聴いている人が魅力的に感じるように伝えることで、その後の内容もより伝わりやすくなります。

本題部分の構成は以下の通りに進めると上手くまとまります。

  • 結論(プレゼンで一番伝えたいこと)
  • 理由・原因
  • 具体例(理由をより明確にしてくれる補助的な役割)
  • 予測、比較、見解
  • 解決法
  • 結論(再度確認)

このように本題部分の構成を見ると、日本語とは大きく異なることにお気づきでしょうか?英語のプレゼンでは、とにかく最初に結論を単刀直入に伝えることが大きなポイントになってきます。

日本語では「こういうことがあって、こういう理由があって、だからこうだ!」と結論を最後に持ってくることが多いですが、英語でこの形のプレゼンはNG。先に結論を伝えてあげないと、「この人何が言いたいの?」と思われてしまいます。

また、的確な具体例をあげることも大事なポイント。理由や原因だけを言われても、どうしてそれがテーマの理由になるのかイメージしづらいこともあるかと思いますが、具体例を出すことで聴いている人のイメージも湧きやすくなります。もちろんあまりにも趣旨から外れた具体例は逆効果ですが、なるべく具体例を提示することで聴いている人の理解度を一気に高めることができますよ。

よく使う表現

それでは具体的に、本題部分でよく使われる表現をご紹介していきましょう!

結論

We suppose that ~
私たちは~と考えます

We think we should ~
私たちは~するべきと考えます

理由・原因

Due to ~
~が要因で

Because of ~
~により

具体例

For example (instance)
例えば

To take an example
例を挙げると

予測、比較、見解

From this, we can suppose that ~
このことから~であることが推測できます

This survey represents that ~
この調査により~ということが分かります

解決法

As a solution
解決法としては

To cope with this problem
この問題を解決するために

結論(まとめ)

In other words
つまり

To sum up, In summary
要するに

As a conclusion
結論は

他にも使える!本題部分で便利な表現

この他にも、本題部分で使うことのできる表現はたくさんあります。ぜひご自身のプレゼンに合わせて、使えそうなものをピックアップしてみてくださいね。

この回答で問題ないかを確認するフレーズ

Let’s start by ~
~から始めていきましょう

As you know
ご存知のように

Generally speaking
一般的には

Let's take a look at ~
~を見てみましょう

Please have a look at this table
この表を見てください

As you can see
ご覧のとおり

Let’s move onto the next
次に移ります

結論は強調して再確認

本題部分のプレゼンが一通り完了したら、最後にもう一度、冒頭で述べた結論を繰り返しましょう。聴いてくれている人にあらためて結論を伝えることで、プレゼンの意図を再確認してもらうのと同時に、プレゼンの説得力もグッと上げることができます。

具体的には以下のような表現を用いることで、最終的な結論を簡潔に伝えることができます。

結論

That’s why we think ~
このようなことから、私たちは~と考えます

To sum up, we think ~
まとめると、私たちは~と考えます

質疑応答はカジュアルに

自分のプレゼンが一通り終わったら、最後に聞いてくれた人に意見や質問を出してもらう「質疑応答」の時間を必ず用意しましょう。英語では一方的なプレゼンではなく、話し手と聞き手の双方が意見を交えることで、はじめてプレゼンとしての価値が生まれるものです。

質疑応答のポイントは、とにかく聴いてくれた人が質問をしやすい雰囲気を作ること。「質問だけでなく意見やコメントも歓迎ですよ」というニュアンスを伝えるだけでも、質問に対するハードルをかなり下げることができます。

具体的には、シチュエーションに応じて以下のような表現を使うとよいでしょう。

質問や意見を募るフレーズ

Please do not hesitate to ~
遠慮せず~してください

Please feel free to ~
ご自由に~してください

相手の質問の意図を確認するフレーズ

You would like to ask ~, right ?
~について聞きたいということでよろしいでしょうか?

You mean ~, right ?
~ということでしょうか?

質問に回答するときのフレーズ

That’s a nice question
それは良い質問です

That’s a very good point
それはとても良いご指摘です

この回答で問題ないかを確認するフレーズ

Is this what you wanted to ask ?
これがあなたの聞きたかったことでしょうか?

I hope this answers your question
これで質問にお答えできていると良いのですが

英語プレゼンを成功させるポイント

いかがでしたでしょうか?いきなり英語でプレゼンをするなんて難しそうと思う方が多いかと思いますが、以上のような表現を参考にして事前準備をしっかりしておけば、相手の心に伝わるプレゼンをすることは決して難しいことではありません。

おさらいをすると、

  • イントロダクションで魅力的なプレゼンだと印象付ける
  • 結論から簡潔に述べる
  • 質疑応答はカジュアルな雰囲気で行う

といったことが、英語でのプレゼンの大事なポイント。この要点をしっかりと押さえたうえで、何度もイメージトレーニングを繰り返してみましょう。

本番を迎えたら、緊張しないように意識をして、とにかく堂々とプレゼンを行いましょう。原稿を見ながらタジタジした様子で話せば、聞いている人もすぐに飽きてしまうかもしれません。原稿はなるべく見ないようにして、ボディランゲージなどを交えながら飽きさせないプレゼンをすることができれば、そのプレゼンは大成功ということができるでしょう。

ぜひ聞きやすく、分かりやすく、堂々としたプレゼンを意識して、英語でのプレゼンに臨んでくださいね!

「中高の英語の成績は良かったのに話せない…」
英語の成績が良かったのに、英語が話せない…。そんなに人には明確な原因があることを自覚していますか?その理由を知れば、英語を話すためのハードルは一気に下がります。「他国より日本人が英語を話せない理由は1つ!英会話ができるには」という記事で原因をチェックしましょう!

-ビジネス英語
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.