外国企業の英語面接でよく出る自己紹介・質疑応答フレーズ

外資系企業の入社面接は当然英語で行われます。
当然英語圏とは文化が異なっているため、そういったところが面接に反映されている部分もあります。

では、日本企業で行われている入社面接とはどのような違いがあるのでしょうか?
今回は英語で行われる外国企業・外資系企業で行われる入社面接の流れと、よく使われるフレーズをご紹介します。

外国企業と日本企業の面接の違い

面接時間が短め

日本企業の場合、コミュニケーション能力や人間力が採用の軸となっていることが多く、面接でじっくり採用を吟味するため、様々な質疑応答を行います。
しかし、外国では書類面接の時点で履歴をを吟味しており、その見極めとして面接を行うケースがほとんどのため、比較的短く終わると言われています。

実績やコミュニケーション力を端的に評価

外国企業の面接の場合、人材の能力を端的に評価するため、まわりくどい質疑をすることは基本的にありません。
そのため、自分の実績や能力はシンプルに伝えることになります。

また、コミュニケーション力を測る点については変わりませんが、具体的なケースに対してどうするか?というストレートに聞かれる傾向にあります。

話し方の基本 シンプルな英語で主体的に

「英語の面接」と聞くと、流暢な英語で雄弁な受け答えをする様子を思い浮かべてしまうかもしれません。しかし外資系企業であっても必ずしもネイティブと同等の英語力が求められるわけではありません。

要は業務上で必要なコミュニケーションがとれるかどうかです。
相手の質問の意図を理解した上で、要点をシンプルな英語でわかりやすく伝えるようにしましょう。

また、外資系企業の面接では日本企業以上に主体性が重視されます。質問に対する単なる答えで満足せず、適切な方向にテーマを敷衍しながら考えや経験を述べ、自分が人材としてどんな可能性を持っているかをアピールすることが大切です。

あいさつ

面接は出会いのあいさつと握手で始まります。
そして本題に入る前にワンクッションあるのが英語面接の特色です。

握手

あいさつの際には握手をします。このとき重要なのは相手の目を見ることと、フレンドリーな表情・態度を示すことです。

あいさつの例文

握手をしながら自分の名前を告げ、面接を受けることについて感謝や喜びを表現します。

例文

How do you do? My name is ~. Thank you for giving me the opportunity to talk to you today.
初めまして。~と申します。面接の機会をいただきありがとうございます。

Hello, My name is ~. Pleased to meet you.
こんにちは。~です。お目にかかれてうれしいです。

Hi, I’m ~. Nice to meet you.
こんにちは。~です。お会いできてうれしいです。

上の例文はおおむねフォーマル度の高い順に並んでいます(訳もそれに対応させてあります)。

アイスブレイク(スモールトーク)

本題に入る前に、「アイスブレイク(硬い雰囲気をほぐすための行動・活動)」が挟まれるのが通例です。
面接では本題とは関係のない何気ない言葉のやりとり(スモールトーク)が行われます。
最も典型的なのは天気の話ですが、使い古されているため面接では避けられる傾向があります。

例文①

How are you?
お元気ですか/調子はいかがですか。

I’m fine, thank you! I began my morning with a run. I’m training for an upcoming half marathon.
ありがとうございます、とても良好です。今日は朝一番でランニングをしました。今度行われるハーフマラソンに向けて走り込んでいるところなんです。

例文②

Did you have any trouble finding the office?
会社の場所を見つけるのに苦労しませんでしたか。

Oh, no, not at all. The directions on the website were very clear.
いえ、まったく。ホームページにわかりやすいアクセス案内がございましたので。

上級者であれば自分から面接官にスモールトークを仕掛けるのもおすすめですが、まずは答え方から身につけましょう。質問に対して最低限の答えを返すのではなく、肉付けして返すのがポイントです。

自己PR・職歴

本題に入ると、まずは自己紹介を求められるのが通例です。
応募したポジション・会社の特色からあなたに求められているもの(ニーズ)を判断し、それに合わせてトピックに優先順位をつけ厳選したものを簡潔に話すのがポイントです。

話す順番としては、

  1. 前職・現職・直近の成果
  2. 業界に入った理由・経歴・実績
  3. 自分をどう活かせるのか

を述べるのが定石とされます。

例文

I've been in the marketing industry for five years, primarily working in accounting.
これまで5年間、私はマーケティング業界におり、おもに経理を担当してきました。

キャリア・能力に関する質問

自己紹介が終わると具体的な質問に入っていきます。ここでは答え方のポイントを3つ取り上げます。

実績や評価は客観的に測れるものを挙げる

実績・評価を挙げるときには客観的な表現を心掛け、数字で示せる事柄であればなるべく具体的な数字を明示するようにしましょう。

例文

Our customer satisfaction rating rose 10 percent when I was the sales manager at my previous employer.
前職で営業部長/課長をしている間に顧客満足度が10%アップしました。

職位の分け方は日本と英語圏で異なり、「manager」に対応する日本の職位は1つに定まりません。

問題解決・自己成長のストーリーをアピール

仕事上の経験から学んだことを質問される場合がよくあります。大きな困難に直面して克服し、その結果何かを学んだというストーリーが披露できれば大きなアピールになります。

例えば、納期・期限が非常に厳しいプロジェクトを経験したという場合、それがどんなに厳しいものだったかを簡潔に説明した上で次のように締めくくることができます。

例文

I’ve learned how to be self-disciplined.
自分を抑制しやるべきことに集中するすべを身につけました。

ネガティブな質問には正直に答える

「あなたの一番の弱みは何ですか」などとネガティブな質問をしてくる面接官もいますが、うろたえたりごまかしたりせずに正直に答えるのが得策です。その上で弱みにどう向き合っているかを答えるのが理想的と言えます。

例文

I’m a bit of a perfectionist, and sometimes go to extremes. So I pay a lot of attention to pacing my work.
私には完璧主義なところがあり、つい極端に走ることがあります。そのため、仕事をほどよいペースで進めるように重々注意するようにしています。

面接の終わりに

面接の終了から辞去のプロセスでも礼儀と明確な意思表示が求められます。気を抜かずに対応しましょう。

必ず何か質問を

面接が終わりに差し掛かると、たいていは面接官が応募者に質問を振ります。ここで何も質問をしないと熱意や主体性を疑問視されてしまいます。業務や会社・職場に関することに加えて、採用プロセスの次の段階についても尋ねることができます。

例文

Could you describe a typical day in this position?
このポジションの1日の業務は通例どのようなものですか(具体的に教えていただけますか)。

I’m quite enthusiastic about this position. What are the next steps in the process?
ぜひこのポジションで働きたいと思っています。採用の次のステップはどのようになりますでしょうか。

面接官がはっきり質問を振ってこない場合はこちらから切り出すのがよいでしょう。

例文

May I ask some questions?
いくつか質問してもよろしいでしょうか?

お礼を欠かさずに

辞去する際にはお礼を述べ握手して別れます。面接に時間を割いてくれたことに対してはっきりと感謝の意を表しましょう。

例文

I appreciate the time you spent with me.
私との面接に時間を割いていただきありがとうございました。

Thank you very much for your time today.
今日はお時間をいただきありがとうございました。

英語面接対策のポイント

最後に、面接の英語を学習する際のポイントをまとめておきます。

丸暗記フレーズは役に立たない

英語の勉強ではフレーズの暗記は(1つの段階として)必須ですが、それだけでは面接には対応できません。

実際の質問に丸暗記で対応しようとすると、頭の中の「質問&回答」集に無理に当てはめることになり、質問からそれた回答になったり余計なことを言ってしまったりすることになります。使うのはシンプルな単語と言い回しで十分ですので、自分の言葉ではっきり主張を伝えられるようになることを目指しましょう。

丁寧な表現を学ぶ

英語にも丁寧でフォーマルな表現というものがあり、ビジネスの公式の場面ではもっぱらそれが用いられます。

丁寧表現の特徴としては次のようなものがあります。

仮定法の「would」「could」を使う

I would like to~(~したいのですが)
Would you~?(~していただけますか)
Could you~?(~していただけますか)

遠回しな表現を使う・疑問形にする

I wonder If I can~. (~したいと思うのですが/~してもよろしいでしょうか)
Would/Could you~? (していただけますか)

省略形を使わない

×I’m → I am
×can’t → cannot
×wanna → want to / would like to

ただし、ビジネスでも口頭では「I’m」や「can’t」程度は使われます(面接でもOKです)。「wanna」はカジュアル過ぎるためビジネスには不適切です。

俗語・略語を使わない

なるべく正式な単語・表記を用います。面接では俗語・スラングを使ってはいけません。ごく一般的なものは別として、略語・バズワード・業界用語のたぐいも避けるのが無難です。

正確な時制で話す練習をする

面接では過去・現在・未来の事柄が入り交じることになるため、時制を正確に使えないと意味がうまく伝わらず、混乱をきたすことになります。そんなに複雑な構文は必要ありませんが、時制の基本的な使い方はマスターしておきましょう。学習にあたっては、英語の時制と日本語の時制のずれを意識するのがポイントです。

社会人必読!大人が学ぶ高校英語の文法まとめ~時制・進行形・完了形~

まとめ

英語面接の目標は、相手のニーズを理解し、こちらの主張・強みをはっきりと伝えることです。英語はそのために役に立てば十分で、難しい言い回しや「知的」な単語などを使う必要はありません。それよりも自分の考えを積極的に堂々と伝えることのほうが大事です。

完璧さを求めたり網羅しようとしたりするのではなく、自分が自信を持って使える英語を少しずつ増やしていくように心掛けてください。実際に面接を受けることを決意したら、英語式の身振り・手振りもある程度取り入れて面接のシミュレーションを繰り返し行います。英語力に多少の傷はあっても自分が「使える人材」であることをアピールできれば、求めるポジションを勝ち取ることができるでしょう。

「英語の成績は良かったのに話せない…」
英語の成績が良かったのに話せないのは何で??
実はある明確な理由があるのです。

しかもその理由はちょっとしたことで、すぐに超えられるものだということに皆さん気づいていません。

英語が話せないのは英語力が足りないのではなく、簡単に超えられるものを超えてないだけ!その理由についてまとめた記事「日本人が英語をいつまでも話せない理由 | 日本人特有の気質が原因?」をぜひ読んでみてください。
  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

当サイト「1億人の英語」を運営。 様々なシーンで使えるフレーズや英文法の基礎など、日本人が抱えている英語の「苦手」を解決するためのコンテンツを随時配信中。

-ビジネス英語
-, ,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.