英語発音

英語発音が上達!練習するために知っておくべき日本語と英語の違い

英語の読み書きはある程度できても、会話が苦手という方は多いでしょう。英会話では往々にして発音がネックとなります。特に多くの日本人は英語がカタカナ発音になりがちです。英語ネイティブの人や第二言語として英語が話せる外国人にとって、カタカナ発音を英語として理解するのは簡単ではありません。そこで今回は、英語の発音を上達するための練習法を、日本語と英語の発音の違いに着目しながら解説します。

日本語と英語の発音の違い

日本語と英語では発音の仕方が大きく異なります。英語のライティングで綴りが大きく間違っていたら正しく読んでもらえないのと同じように、正しい発音ができないとこちらの言いたいことを正確に伝えられません。それでは、正しい発音を身につけるためにはどうしたら良いのでしょうか。最初に取り組むべきは、英語と日本語の発音の違いを理解することです。以下、見ていきましょう。

音節の数が違う

日本語と英語の発音の違いとしてまず挙げられるのが、音節の数です。音節とは、連続する音を区切る単位の一種で、1つのまとまりを持つ音として意識されます。日本語は「ん」や「っ」などを除いてほとんどの仮名に母音が含まれていることから、音節の数が多くなる傾向にあります。一方、英語の単語は子音で終わることが多く、日本語に比べると音節の数は少なくなります。

例えば、goodの音節は1つですが、日本語的にグッドと発音してしまうとgu+doで音節が2つとなってしまいます。

いくつか例を挙げてみましょう。カッコ内の数字は、本来の音節の数と日本語的な発音をした際の音節のの変化を表しています。

  • bad:バッド(1 → 2)
  • rocket:ロケット(2 → 3)
  • golf:ゴルフ(1 → 3)
  • chocolate:チョコレート(3 → 4)

このように、英単語をいわゆるカタカナ発音にすると音節の数が変わってしまいます。

アクセントが違う

日本語と英語ではアクセントの特徴にも違いがあります。

一般的に日本語は高低アクセントの言語であると言われており、音の高低によって意味が変わることがあります。例えば橋と箸では同じ(はし)という音であっても、音の高さが変化することで意味が変わります。

一方の英語は強弱アクセントの言語です。辞書に記してある発音記号見れば分かる通り、単語ごとにどの音を強く発音するかが決められています。

このような言語間のアクセントの違いが、日本語を母国語とする人たちに英語の発音を難しく感じさせる要因になっています。

正しい発音であることの重要性

中学・高校と英語を何年も学んでいるのに日本人は英語が話せないとよく言われます。正しい発音ができていないことが要因の1つかもしれません。

最低限の語彙と文法を知っていれば、英文を読んだりメールなどの文章を書いたりすることはできるでしょう。しかし、会話の場合は、いくら単語を知っていてもそれらを正しく発音できなければ理解してもらえないのです。

場合によっては、異なる意味に捉えられてしまい誤解を引き起こす可能性もあります。海外旅行やビジネスの現場で、誤解から生じるトラブルに遭わないためにも、正しい発音を身につけておきましょう。

通じない英語発音を矯正していこう

これまでの英語学習の過程で、誤った発音を身につけてしまっている人が多くいます。原因としては、英語と日本語の発音の根本的な違いに加えて、小学校で習うローマ字教育の弊害や、英語を教える教師の発音がそもそもカタカナ英語に近いことなども挙げられるかもしれません。

ただし、発音は正しい理解の元で練習することで矯正していくことが可能です。以下、その方法を見ていきましょう。

アクセントとリズムを矯正

前述の通り、英語のアクセントは日本語と異なります。重要なのは、知識として正しいアクセントの位置を知ることです。

辞書を引けば、どの位置にアクセントがあるか分かるようになっています。辞書に記されている「´」という記号がアクセントの位置を示しているので、こまめに調べてみてください。「weblio」などのオンラインの辞書では、実際の発音が聴けるようになっているのでこれらを活用してみても良いでしょう。

また、英語は単語と単語が繋がって単独で発音した時とは異なる音になるのも特徴の1つです。これらはリンキングまたはリエゾンと呼ばれます。

例えば、「Take it easy.」を1語ずつ発音すると「take(テイク)・it(イットゥ)・easy(イーズィー)」となりますが、実際の会話では、「tei - ki - tee - zee」となります。リンキングに慣れることは、特にリスニングの際に重要な知識となります。発音する際には必須ではありませんが、より高いレベルを目指すのであれば、リンキングを意識しながらの文章の音読は発音練習として有効です。

英語のアクセントやリズムに慣れるには反復練習しかありません。さまざまな英文に触れ、可能であれば実際の発音を確認することで英語のアクセントやリズムを身につけていきましょう。

英語のアクセントに関しては、以下の記事も参考にしてください。

英語の上手な発音にはアクセントも大事!ルールやコツをご紹介

母音を正しく発音

英語は日本語に比べて母音の数が多いのが特徴です。日本語の母音は「ア・イ・ウ・エ・オ」の5つですが、英語は全部で20種類以上(※分類方法によって数は変わります)の母音があるとも言われています。

cap(帽子)とcup(コップ)、bag(バッグ)とbug(虫)のように、母音を正しく発音できないと単語の意味が変わってしまうこともありますから、しっかりと押さえておきたいポイントです。

母音を正しく発音できるようになるために必要なのは、単語ごとに発音記号を確認し、繰り返し練習することです。先ほど紹介したweblioなどのオンライン辞書の音声も役立つでしょう。

発音記号に関しては、下記の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

正しい英語の発音をする上で知っておきたい【発音記号一覧】

子音を正しく発音

アクセントやリズム、母音の発音に加えて、子音を正しく発音できるとさらに通じる英語に近づきます。load(積荷/読み込む)とroad(道路)、right(右/正しい)とlight(明かり)など、正しく発音しないと意味が変わる単語もありますから、しっかりと練習しましょう。

英語では子音を単独で発音することが多いですが、日本の人にはこれが難しく感じられるかもしれません。日本語はほぼ全ての文字に母音が含まれるため、どうしても子音に母音を加えた発音の癖が抜けにくいためです。母音の場合と同様、発音記号を読めるようになり、繰り返し練習を重ねるしか上達の道はありません。

日本語を母国語とする人の多くが苦手としている「L」と「R」の発音など、重要ポイントを押さえながら、何度も繰り返し発音してみましょう。その際、スマートフォンのボイスレコーダーアプリなどを使って自分の発音を録音してみるのもおすすめです。

伝わる英語を話すためには

これまでの英語学習で知らず知らずのうちに身についてしまったカタカナ英語をある程度矯正することに成功したとしても、それだけで十分ではありません。英語ネイティブや第二言語として英語を話す外国人に伝わる英語を話すためには、間違いを恐れない積極性や豊富な反復練習が必要となります。

日本人は声が小さい?

日本で育った人の多くは、英語を話すときの声が小さくなる傾向があります。日本の文化的なものもあるかもしれませんが、声が小さくなってしまう最大の要因は間違いを恐れてしまうマインドでしょう(間違いを極端に恐れてしまうことこそが日本の文化的な特徴といえるかもしれませんが)。

いずれにせよ、声が小さくては相手にこちらの気持ちや考え、意志が伝わりにくくなります。英会話教室やオンラインの英会話サービスでは、相手が真剣にこちらの言葉を聞き取ろうとしてくれますからあまり問題になりませんが、実際に海外に行ったときには周りの人みながそのような姿勢で傾聴してくれません。

間違いを恐れる気持ちの中には、「正しく話さなきゃ」という意識が隠れていることが多くあります。しかし大切なのは「正しさ」よりも「伝わること」です。自分の考え、気持ちを相手にしっかり伝えようと意識することで声は自然と大きくなるでしょう。

もちろん、あくまでもカタカナ英語を卒業して、最低限通じる英語の発音を身につけている前提の話です。そもそもの発音が間違っていれば、いくら大きな声で話しても相手に伝えるのは難しくなります。

英語のリズムに慣れよう

ここまで見てきた通り、英語と日本語では発音に大きな違いがあります。特に長い文章、会話になったときにそれらの違いが顕著に現れます。伝わる発音を身につけるためにも、英語のリズムに慣れることが大切です。

英語のリズムに慣れるためには、音読を繰り返し行うことをおすすめします。できれば正しい発音が確認できる音源付きの文章が良いでしょう。今の時代はNetflixなどの動画配信サービス、Youtube、さまざまな英語学習アプリを利用することで、英語の音源を簡単に手に入れやすい時代でもあります。

例えば、海外ドラマを英語の字幕で観て、気に入った箇所を繰り返し真似してみるのも良いでしょう。Youtube動画の中にも、英語の字幕を入れているチャンネルがありますから、英語学習に取り入れてみることをおすすめします。

楽しく習得!英語の学習におすすめの海外ドラマ4選

まとめ

ここまで、日本語と英語の発音の違いや、カタカナ発音を卒業するための練習法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。英語学習中のみなさんの心に留めておいてほしいのは、通じる発音=ネイティブの発音ではないということです。そもそも、一言でネイティブと言っても、英語圏のどの国出身なのかによって発音は変わりますし、同じ国でも地域によってアクセントやイントネーションが異なることも少なくありません。無理にネイティブの発音を身につけなければと意気込み過ぎなくても良いのです。

また、英語を話す人の数は、ネイティブよりも第二言語として英語を学んだ人の方が圧倒的に多いという現状も意識しておく必要があります。ビジネスの現場で英語を使う相手が英語を母国語とするネイティブ以外である可能性の方が高いのです。

とはいえ、日本的なカタカナ英語はおそらく日本以外のほとんどの国では通じませんから、英語の発音練習が大切であることに変わりはありません。ここで紹介したような英語の発音の基礎は、世界の人々相手に通じる英語を話す上で最低限、身につけておきたいものです。ビジネスの現場や海外旅行の際に自信を持って会話ができるよう、しっかりと練習して通じる発音を身につけましょう。

英語の発音を上達させるコツとは?日本人が苦手な発音を徹底対策!

英語の上手な発音にはアクセントも大事!ルールやコツをご紹介





Copyright© 1億人の英語 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.