【初心者向け】英会話教室の選び方とオススメ英会話教室を紹介

2019年11月14日

大手から個人教室まで、実に数多くの携帯が存在する英会話スクール。いざ通おうと思っても、数が多すぎて迷ってしまうのではないでしょうか。

学費、通いやすさ、サポートの充実など、選ぶ基準も人それぞれです。何が自分に合っているかを選びきれない人に向けて選び方を紹介していきます。

学ぶ目的を明確にしておこう

大前提として、英会話教室に通う目的を明確にしておくことが大切です。まず最初に、習得したいのは日常会話なのかビジネス英語なのかを明確にし、その後で個別が良いのか、講師は外国人が良いのかなど細かい点を決めていくと良いでしょう。

非常にたくさんの種類がある英会話教室ですが、それぞれ異なる特色があるので、スクールの得意分野を見て自分に合いそうなものを選ぶと上手くいきますよ。

英会話教室の選び方

まずはスクールの品質を確かめよう

講師の採用基準が厳しい

講師になるのが難しければ、それだけ講師の質が高いということが分かります。講師の指導資格の有無、講師の経歴などをホームページで紹介しているスクールも多いので、受講生としては安心ですね。指導員研修の有無なども、参考にするポイントとなります。

保証関連が充実している

万が一レッスンに満足いかなくても、フォローアップ整備や返金制度が利用できるスクールもあります。契約内容が明確になっているか、転校などについて対応しているかなども併せてチェックしておくと良いでしょう。その際、全国外国語教育振興協会の加盟校や「ISO29990」「ISO29991」の認定など、第三者機関の認定があるスクールなら、なお安心ですね。

無料カウンセリングが充実している

英語学習は継続が大切なので、学習方法やモチベーション維持など、カウンセラーが親身になってサポートしてくれると安心です。1人では継続しにくい場合でも、外からのサポートがあって続けられることもありますので、そうした部分も併せてコストパフォーマンスを考えていきましょう!

授業の品質をチェックしよう

学習メソッド・レッスン形式

英会話教室ごとに形式は様々です。どのような教え方をしていて、どのように学ぶことができるのかを確認することが大切です。1対1の個別指導もあれば、少人数のグループレッスンもあり多岐にわたります。英語を学ぶことが久しぶりな場合もありますし、短期的にスキルを向上させたいなど状況は様々だと思います。今自分が必要としている英語スキルと合致しているのか、しっかりと目的をもって選ぶことが重要です。教室によっては体験レッスンや、場合によって無料でできるものもあるので確認をしましょう。

コース

自分が学びたいレベル・内容のコースがあるかがとても重要です。簡単すぎるないし難しすぎるというようでは、効果がなかなか出ませんよね。個別指導であれば、現状を把握してもらったうえで、自分に合ったレッスンを受けられる可能性が高まりますが、グループレッスンの場合にはコース分けが特に重要ですのでしっかりと確認しましょう。

教材

教室によって市販教材を使う場合もあればオリジナル教材を使う場合もあり様々です。例えば体験レッスンを受けて実際のものを見せてもらいつつ、カウンセラリングも受けるなどして、自分に合っているか、納得できるものかを確認するのも良いです。個別レッスンであれば、自分が使い慣れているものを使ってもらうことも不可能ではないでしょう。テキストも様々ですので、厚さや文字の量、イラストなども勉強を進める上では重要な要素ですね。やる気や継続できるかにも影響してきます。

その他のチェックポイント

料金システム

各スクールの料金形態は多種多様なので、英会話教室は価格のみで決めるのではなく、授業内容と比較して決めることが大切です。正式な申込前に見積もりもしっかり出してもらい、経済状況と照らし合わせをしてみましょう。全額返金制度が備わっているところも増えていますが、諸条件が設定されていることが多いので、事前に詳細を確認しておくことも重要です。

立地

英語学習はとにかく継続が大切ですが、教室に通うのが面倒に思えてしまったら継続は難しくなります、自宅から通うのか、職場から通うのかなど、通学の利便性をよく考えて決めるようにして下さい。

教室の雰囲気

どれだけ内容が良さそうでも、実際に行ってみたら思っていたのと違ったということも珍しくありません。授業の雰囲気はモチベーションにも直結しますので、事前に見学できるかどうかを確認しておきましょう。

海外旅行で困らない英語力をつけるなら

まず英語に対する心理的なハードルを取り払うことからスタートしたいという人向けといえるでしょう。せっかく海外に行くなら、英語を話したい、ないしは基本的な会話ができる程度のフレーズは覚えていきたいですよね。以下ではそうしたニーズに応えてくれる教室をご紹介します。

Gabaマンツーマン英会話

指導環境としては、半個室でマンツーマン指導で、進め方や指導法も柔軟に変更してもらえます。
言い換えれば、英語に向き合わないといけないという状況が作られますので初心者向きと言えます。

また、スタイルとしては、自分で教材を持っていく形になるので、今までやっていたことを継続させることもできます。
他方で、個別レッスンということで費用は高くなりますが、授業の質は担保されていると言えます。
インストラクターの質も非常に高く、授業ごとに講師を選べるのも嬉しいポイント。専門カウンセラーが習熟度などを細かくチェックしてくれるので、モチベーションを維持しやすい環境が整っています。

イーオン(AEON)

大手英会話教室ということでシステムや指導は安定してしっかりしています。

一言で英会話教室と言っても様々ですが、イーオンはラウンドアップレッスンを導入しており、会話偏重ではなく文法を意識しながら学ぶという形がとられています。

ですので、英文を読むと上で必要な構文力も身に付きます。
また、レッスン形態はグループレッスンとなるので、楽しく学ぶことができ、周りの方と切磋琢磨しモチベーションが保ちやすいといえます。

周りの人と競うことで頑張れるというタイプの受講生におススメです。
また、予定が合わなくなってしまった場合には、他の曜日でレッスンを受ける形で振り替えも可能です。
イーオンは文科省の指導のもと設立された「全国外国語教育振興協会」の加盟校なので、初めての方でも安心して通うことができますね。

ECC

イーオン同様、大手ということでシステムや指導の質が安定しています。

こちらも、指導形態はグループレッスンなので、楽しく学び力をつけていくことができます。

また、外国人講師がフレンドリーかつ質が高いと評判です。
さらには、講座の形態も様々あり、短い期間で集中的に学びたいという人向けの集中講座も開講されています。目的に合わせて柔軟に選ぶことができる点で有用です。

ビジネス英語を身につけるなら

他方、ビジネス英語を習いたいという場合にはどうでしょうか。

海外に転勤になる、ないしは最近では社内に外国籍の社員が増え、英語でコミュニケーションを図る必要が出てくるということも往々にしてあるでしょう。

ビジネス英語と一口に行っても程度は様々ですので、目指すレベルにあった教室を選択しましょう。

ベルリッツ

日常会話のトレーニングというよりは、文法に重きをおいたビジネス向きの内容となっています。

ビジネス英語の場合、会話ももちろんですが、メールでのやり取りが多くなるため、しっかりとした文法に基づく英文を書く力もつける必要があります。

日本語でも、話し言葉ではなく書き言葉となるとうまく書けないということがあるように、しっかりとした文法力がビジネス英語での基礎力となります。

また、教え方が統一されているので、安定した指導が受けることができるとの評判もあります。さ

らには、文法に重点を置いているということがあり、復習を重視するなどのカリキュラム・環境が整っています。
授業も個室で行われるため周りを気にすることがなく勉強に取り組むことができます。

PROGRIT

マッキンゼー出身のコンサルタントが立ち上げたビジネス英語特化型のスクールとなります。

ビジネスシーンで使われる様々な表現を学び、英語での議論や交渉などで使える英語でのビジネスのコミュニケーション力をつけることができます。

また、短期集中型で専任のコンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。具体的には、ゴールからの逆算という形で、いつまでに何をどこまでやるか明確にし、しっかりとステップを踏めているかを確認しながら時に予定を修正しながらアドバイスをしてくれます。

レッスンで英語を教わることは勿論ですが、様々な面からサポートをしてくれるという点で心強いと言えます。

オンラインや短期集中型はどうなの?

すぐに効果を見出したい人や忙しい人などには、オンライン英会話や短期集中型スクールへの需要も高まりつつあります。

オンライン英会話の特徴

メリット

日常のスキマ時間に気軽に利用できるオンライン英会話は、仕事が忙しい方には特におすすめです。対面式のスクールより料金が安いことが多いので、経済的負担も少なくて済みますね。

講師のプロフィールを詳細に載せていることも多く、自分の好みやニーズに合わせて自由に選択できるのも嬉しいところ。徐々に信頼関係を築いていけば、自分のペースで計画的に継続的することができます。

デメリット

スケジュールの自由度が高い分、さぼり癖が気になる人は注意が必要です。また、通学の場合に比べ、オンライン授業はサポートが薄くなる傾向にあるため、当初予定していた習熟スケジュールより遅くなってしまう可能性もあります。

人気講師は予約が取りづらいというデメリットもあるので、本格的なビジネス英会話というよりは、英語にまず触れて慣れたい人、またはある程度会話ができる人向けと言えます。

短期集中型英会話教室の特徴

メリット

ライザップイングリッシュやロゼッタストーンなど、短期集中型の英会話教室も多くあります。海外出張や転勤などが決まり、英語を実際に使う機会まで時間がないという方向きの教室です。

メリットとしては、集中して短期間で英語を学ぶので、モチベーションが維持しやすいことが挙げられます。まだ知識が熱いうちに次々と新しい項目を学んでいくので、英語学習の効率も非常に良いと言えるでしょう。短期間ということもあり、費用面でも通常の英会話教室より割安になることが一般的です。

デメリット

短期集中という性格上、じっくりコツコツと進めていきたい方や、理解をしっかりとして丁寧に進めていきたい人にとっては不向きと言えます。スピードが速い分、理解が十分でないまま進むこともあり得るので、最低限の英語力がある方や、自分の弱点を把握している方向けと言えるかもしれません。

まとめ

いかかだったでしょうか。英会話スクールと一口に言っても様々であり、選ぶ際に悩むことが多いと思います。軸を決めて自分にあったスクールを効率的に探したいところです。

どんな目的で学びたいのかを明確にして、いくつかの教室の体験レッスンやカウンセリングを受けてじっくり決めましょう。

繰り返しになりますが英語は語学ですので、一朝一夕にできるようになるものではありません。継続的な学習が不可欠です。自分の性格や特徴も加味し、客観的な視点で選んでいきましょう。

「英語の成績は良かったのに話せない…」
英語の成績が良かったのに話せないのは何で??
実はある明確な理由があるのです。

しかもその理由はちょっとしたことで、すぐに超えられるものだということに皆さん気づいていません。

英語が話せないのは英語力が足りないのではなく、簡単に超えられるものを超えてないだけ!その理由についてまとめた記事「日本人が英語をいつまでも話せない理由 | 日本人特有の気質が原因?」をぜひ読んでみてください。
ライター:長坂ヒロ(更新)/1億人の英語編集部(原文)
  • この記事を書いた人
長坂 ヒロ

長坂 ヒロ

▼略歴
WEBライター/翻訳家(英語・ポルトガル語)として活動中。年齢は30代前半。
東京外国語大学外国語学部を卒業後、旅行会社にて海外商品企画や海外添乗業務を担当。学生時代には、大手予備校の英語個別指導講師や答案添削業務を経験。

オーストラリア/ニュージーランドに計1年半在住歴もあり、現在は信州・長野県へ移住。

趣味は海外旅行。渡航経験は約30カ国。年に2~3ヵ月は海外旅行へ。

英語は肩ひじ張って勉強するものではなく、楽しく習得していくもの。英語学習を楽しく継続する方法や、ネイティブが日常的によく使う表現などを発信していきます。

【ブログ】
旅するカモノハシ~「自由ですけどなにか?」~

-その他
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.