初心者のための英語勉強法|「読む・聞く・話す・書く」を基礎から

初心者のための英語勉強法|「読む・聞く・話す・書く」を基礎から

英語を上達させたいけれど、何から手を付ければ良いのかわからないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。すぐに上達させるのは難しいかもしれませんが、ポイントを押さえて毎日コツコツ勉強すれば、短期間でも着実に成果を出すことが可能です。
この記事では、英語初心者に向けて、英語ができない理由の分析や、目的別の勉強法などをご紹介します。

英語ができない理由

勉強時間が足りない

一般的に英語をネイティブレベルにするには、約3,000時間の学習時間が必要だと言われています。日本の中高における英語教育はおよそ1,500時間ですので、なんとたったの半分。自分で勉強時間をどんどん増やしていかない限り勉強時間が圧倒的に不足している状況ですので、英語を少ししか話せない人がほとんどというのも致し方ありません。

英語を楽しめていない

英語学習はとにかく継続が大切ですが、継続するのに必要なのがモチベーションです。英語学習に対する明確なビジョンが無かったり、英語学習を楽しめていなかったりすると、ついつい途中で放り出してしまいがちですので、まずは英語を楽しむことがポイントと言えるでしょう。

勉強法が良くない

学校の勉強は、どうしても知識を詰め込むことにフォーカスしており、実際に話すことを前提としていないケースがほとんどです。言い換えると、どれだけ知識を付けても活用することができていない状況ですので、まずはインプットからアウトプットに学習法をシフトチェンジしていくことが必要不可欠です。発音やリスニング、構文力などもアウトプットすることで飛躍的に向上させることができます。

英語ができない人の原因は2種類

勉強不足

英語ができない理由の一つは、英単語や英文法などの基礎が不足しているケースです。基礎が不足していると、どれだけ英文を見たり聞いたりしても理解できず、身に付かないことがほとんどですので、まずは英語学習の地盤を作ることに集中することが大切です。

訓練不足

単語や文法などは知っているのに、アウトプットする訓練ができていないケースも考えられます。「学生時代、一生懸命英語を勉強したのに」という方はほとんどがこのパターンですので、積極的にアウトプットすることで英語脳を築いていくことが大切です。

英語学習初心者のための学習ポイント

最初から難問に取り組まず、ステップを踏んで徐々に力を付けましょう。基礎が身に付いたら、目的別に必要なスキルを強化していきます。

目標を立て、今の実力を測る

まずは目標を立てましょう。例えば、「半年後には赴任先の同僚や取引先と英語で会話する」「通訳を入れる回数を減らす」など目標を具体的に立てると、モチベーションを維持できます。

また、目標を立てる際には現在どこまでの英語力があるかを知っておくことも重要です。こちらのサイトでは現在の英語力をたったの15問で計測することができますので、ぜひ活用してみることをおすすめします。

基礎文法を押さえる

まずは基礎文法をしっかり習得しましょう。中学レベルの基礎文法は、英語の構造を理解するのにとても役立ちます。英会話なら、文法が間違っていても成立することがあります。しかし、ビジネスの現場などフォーマルな場面では、時制がおかしかったり、単語の順序が誤っていたりすると、失礼にあたるので注意が必要です。

英単語を覚える

英単語は単語と意味のみを機械的に覚えようとしても、活用シーンがなかなか浮かばなくて、非効率的です。必ず例文付きの単語帳で活用事例を確認しながら覚えましょう。また、スペルのみでなく、音声とセットで覚えることが大切です。

リーディング力を鍛える

英語で書かれた物語、エッセイ、記事などを多読すれば、自ずと語彙が増え、英語らしい言い方を身に付けることができます。ただ読むだけではなく、英単語の意味のつながりを意識して読むことで、リーディング力のアップにも効果的です。
また、実際に使われているリアルな英語は省略や比喩が多く、文法上理解できないこともあるかもしれません。その場合は生きた英語を学べるチャンスととらえ、身近なネイティブスピーカーや、英語学習サイトなどの掲示板で質問してみるのも効果的です。

リスニング力を鍛える

次に、リスニングを強化します。ビギナーレベルの人は、ディクテーションやシャドーイングをおすすめします。
ディクテーションとは、英語の文章を耳で聞きながら書き取りをしていく勉強法です。英文を書き取った後で、聞き逃していた部分を集中的に何度も聞きま直すと効果的です。一方、シャドーイングは聞き取った英文を追いかけるように発声し、スピーキングを鍛える方法。自分の声を録音して発音を確認することで、発音の改善につながります。

この2つを続けることで、リスニングとスピーキング両方のスキルの上達につながります。英語には独特のリズム、イントネーションがありますので、シャドーイングとディクテーションで英語の音に慣れましょう。

英語でアウトプットする

スピーキング、ライティングなど英語でのアウトプットを増やしていきましょう。アウトプットを強化すると、自分で英文をつくる力が養われます。英語でアウトプットをするには、実際に英語圏の人とコミュニケーションを取ることが大切です。周りにネイティブスピーカーがいない場合は、オンライン英会話などを活用して英語を話す機会をつくると良いでしょう。

また、一人でいるときも普段から考えを英語で話せるか試してみましょう。スムーズに出てこない場合はシャドーイングの訓練でスピーキングスキルを高めます。

英文を書くと、自分の英語力を確認できます。例えば日記のように、実際に使える実用的な英文を書くようにすると、身に付けやすいのでおすすめです。例えば、自分の仕事内容やライフスタイルについて書けば。専門用語を覚えられますし、相手に伝わりやすい英語を書くという訓練ができます。内容が意図したものと合っているのかわからない場合はネイティブスピーカーに相談し、添削してもらうと良いでしょう。

短時間でできて続けやすい英語勉強法
参考書に向かって毎日勉強するのは疲れてしまうこともあるでしょう。スマートな学習ツールを使った短時間で続けやすい勉強法をご紹介します。

基礎を鍛える勉強法

ラジオ

NHKのラジオ講座がおすすめです。中でも15分と短く、放送時間も朝や夜の比較的時間が取りやすい時間帯のプログラムは続けやすいのが魅力です。例文のバリエーションが豊富で、基礎文法の解説もしてくれます。

英語学習アプリ

英語学習アプリは、通勤電車やバスの中などですぐにアクセスできて便利です。総合、文法、リーディング、リスニング、発音、英会話など、コンテンツも豊富なため、自分が集中的に強化したい分野を選んで学習しましょう。ゲーム感覚で学べるアプリも多く、続けやすいのが魅力です。

podcast

アプリと同じく、移動中にも英語学習ができるツールにpodcastがあります。podcastとは、インターネット上のラジオのようなツールで、アップされたコンテンツを、時間を選ばずにほとんど無料で聞くことができます。英語に慣れないうちは、ニュースやプレゼンテーションなど、発音がきれいで文法がしっかりしているプログラムを中心に聞くと良いでしょう。BBC(英国放送協会)が提供している英語学習用のプログラムもあり、スクリプトをサイトからダウンロードできます。

基礎の習得後に実践したい勉強法

オンライン英会話

教室に通わずに、隙間時間を使って受講できるオンライン英会話はとても便利です。ただし、オンライン英会話は文法や英単語を教わる場ではありません。そのため、基礎力が身に付かないうちに、オンライン英会話にチャレンジすると、単語のキャッチボールのみに終わり、自信を喪失してしまう場合があります。基礎が身に付き、簡単な英語を話せるようになったら始めるのが良いでしょう。
オンライン英会話で大切なことは、会話を楽しむことです。積極的にコミュニケーションを取りましょう。時間内で何を学び、話せるようになりたいか、目的を明確にして臨むことが大切です。

オンライン動画

無料のオンライン動画サイトにも優れた英語学習コンテンツがアップされています。コメント欄に質問をすると答えてくれる投稿者もいますので、大いに利用しましょう。

目的別勉強法

TOEICスコアを伸ばしたい人

TOEICのスコアをもっとアップさせたい人は、まず模試を解いて自分のレベルを確認しましょう。その後、具体的な目標スコアを決めます。TOEICには傾向と対策があるため、TOEICの専門教材を用いて毎日勉強することが目標までの最短ルートです。リスニング、リーディングを鍛えるとともに、目標スコアに応じた語彙力も身に付けましょう。

会議で通用する英語力を身に付けたい人

英語の会議に臨むときは、アジェンダに応じて会議内容をシミュレーションし、使えそうなフレーズをまとめておきまましょう。
以下に、会議中によく使われるフレーズをご紹介します。

例文

I’d like to call this meeting to order.
会議を始めます。

call A to order
  A(会議など)を始める

例文

What’s your opinion on this?
このことについてのご意見はいかがですか?

例文

Now, let’s move on to the next topic on the agenda.
さて、次の議題に移りましょう。

move on to A
  話題がAに移る

例文

If no one has anything to add, l would like to finish here.
付け足すことがなければ、ここで終了します。

例文

Looks like we are running out of time, let’s wrap it up.
時間がないので、まとめに入りましょう。

run out of A
  Aを使い果たす
wrap it up
  切り上げる

例文

Let’s continue this conversation at the next meeting.
この議題は次回の会議に持ち越しましょう。

自分の意見を述べるときは、以下の表現を使いましょう。

例文

In my opinion…
私の意見では…

The way I see is….
私の見解では…

I would like to suggest/recommend….
…を提案したいと思います。

指名されていないときに発言したい場合は、「If I may…」と言いながら手を挙げて注目をひきます。日本語では「もしよろしければ…」という意味で、「ちょっとよろしいですか?」と、発言したいという意思を伝えられます。

そして、相手の意見に賛否を伝える表現も大切です。

例文

Good point! 
良いポイントです!

I agree with you.
賛成です。

I see what you mean.
おっしゃっている意味はわかります。

I agree with you to a point, however…
ある程度は賛成できますが…。

I’m afraid I have to disagree with you. 
残念ながら、賛成できかねます。

ビジネスメールのライティングを鍛えたい人

日本語でもビジネスメールの定番表現があるように、英語にもビジネスメールで頻繁に使用されるフレーズがあります。メールの実例集をまとめた教材を使用し、挨拶、相談、依頼、お詫び、感謝などのシチュエーション別に、実用的なフレーズを覚えましょう。
英語のビジネスメールは結論から先に書き、曖昧な表現を避けます。言いにくいことを伝える際は前置きが長くなりがちなので注意しましょう。ただし、否定の「can’t」「won’t」などを使った端的な文ではきつい印象を与えてしまう場合があります。「I am afraid」「I regret to inform you」「Unfortunately」など、「残念ながら」という意味のクッションを置くと良いでしょう。

自分に合った勉強法を見つけ、基礎から毎日コツコツと
基礎を身に付けて、「読む・聞く・話す・書く」を続けると、英語力は必ずレベルアップします。そのためには、無理なく続けられる方法で、英語学習を習慣づけることが大切です。
英語力に自信がつくと、英語の電話に対応できたり、海外出張や海外旅行で活用できたりして、可能性が広がります。
具体的な目標を立ててモチベーションをキープし、コツコツと英語力をアップさせていきましょう。

「英語の成績は良かったのに話せない…」
英語の成績が良かったのに話せないのは何で??
実はある明確な理由があるのです。

しかもその理由はちょっとしたことで、すぐに超えられるものだということに皆さん気づいていません。

英語が話せないのは英語力が足りないのではなく、簡単に超えられるものを超えてないだけ!その理由についてまとめた記事「日本人が英語をいつまでも話せない理由 | 日本人特有の気質が原因?」をぜひ読んでみてください。
  • この記事を書いた人
1億人の英語 編集部

1億人の英語 編集部

当サイト「1億人の英語」を運営。 様々なシーンで使えるフレーズや英文法の基礎など、日本人が抱えている英語の「苦手」を解決するためのコンテンツを随時配信中。

-その他
-,

Copyright© 1億人の英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.