TOEICの長文問題をスラスラ解くコツ|「Part7」おすすめの勉強法は?

TOEICのテストの中でも、長文を読み解くPart7は問題数が多く、解答にも時間を割くパートです。難易度の高い問題も出題されるため、苦手意識を持っている人もいるでしょう。しかし、TOEICでスコアアップを図る上で、問題数の多いPart7対策は欠かせません。
スラスラ解けるようになるには、通常の長文読解と同じような対策も必要ですが、TOEICならではの解き方の手順もあります。
そこで今回は、TOEICリーディングセクションのPart7を1問でも多く解き、スコアアップを図るためのコツと勉強法をお伝えします。

TOEICのリーディングセクションはPart7が重要

TOEICで出題される問題のうち、長文の読解力を測るPart7は54問と最も多く、解答時間も全体の半分強を占めます。そのため、ここでどれくらい点数を稼げるかが、全体的なスコアアップにおいても重要です。

リーディングセクションの特徴

リーディングセクションはPart5~7の3つのパートからなる全100問です。その内訳はPart5が短文穴埋め(30問)、Part6は長文穴埋め(16問)、Part7が長文読解(54問)です。全体のテスト時間120分のうち、リーディングセクションの解答に与えられているのは75分です。

いかに問題を多く解けるかが勝負

Part7は長文を読むのに時間がかかるため、いかに速く読み、理解して解答できるかが大きなポイントとなります。
全問を解き終わらずに時間切れになってしまう人は、制限時間を意識せずに解いているケースが多く見られます。そのため、本番のテストではきちんと時間配分をした上で解き進めることが大切です。
Part7の解答時間は50~55分が目安で、確保するためにはPart5と6を20~25分で解き終える必要があります。

Part7の長文を読み解くときのポイント

Part7には大きく分けて2種類の問題があります。問題文の文書が1つだけのものと、複数あるものです。出題形式の詳細と解くときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

Part7の出題形式と内容

Part7は問題文を読み、それに付随する2~5問の設問に答える形式です。問題文の文書が1つのものに付随する設問が全部で29問あり、ダブルパッセージやトリプルパッセージといった複数の文書に付随するものは全部で25問です。
出題される文書の内容としては、電子メール(e-mail)、手紙(letter)、テキストメッセージ(text message chain)、Webページ(web page)などのジャンルがあります。テキストメッセージ(text message chain)では、複数の登場人物がやり取りしているような場面も出題されます。
設問は問題文の内容自体に関する出題がほとんどですが、一文を提示して、問題文のどこに挿入するのが適切かを問うものもあります。

Part7を解く際のコツ

Part7全体で解答時間の目安が50~55分なので、1問につき1分前後で解き進める速さが求められます。もちろん、問題の中には1分もかからずに解けるものもあります。とはいえ、単純計算で問題文1つにつき2~5分しかかけられないことを考えると、なるべく速く英文を読み、理解する必要があります。
そのため、まず問題文を読むのではなく、先に設問をチェックして、ポイントを押さえてから始めるようにすると良いでしょう。何が問われているかを把握した上で問題文の文書を読むと、ヒントを見つけやすくなり、スピードアップにつながります。

また、すぐに解答できない設問に悩んだり、問題文を再度読み直したりして、1つの問題に長い時間を割くのは得策ではありません。1問でも多く問題を解くためには、考えてもわからない難問は思い切って飛ばしてしまうことも必要です。ただ、TOEICでは問題用紙への書き込みが禁止されています。解答用紙も所定欄以外には書き込みができません。問題を飛ばす際は、どこか仮でマークしておくと、解答欄がずれてしまったり、間違えたりする心配がないでしょう。

長文読解の力を付けるための勉強法

Part7でスコアアップを目指す上では、解き方のテクニックだけでなく、基本的な長文読解力ももちろん欠かせません。ここでは、長文読解力を身に付けるための勉強法をご紹介します。

基本的な力を身に付ける

文章を正確に理解するには、文法や語彙力をしっかりと身に付ける必要があります。一般的に、日本の義務教育における英語の授業は、文法に力を入れて行われています。そのため、中学生や高校生で習った英文法がきちんと身に付いている人は、語彙力の強化に力を入れると良いでしょう。
語彙力を身に付ける上で辞書や単語集を使う場合は、Web上やアプリで提供されている発音付きのものがおすすめです。ヒアリングの訓練になるだけでなく、単語を復唱することによって、発音やスピーキングの練習にもなります。
また、辞書で調べるときは、知らない単語が出てきたタイミングではなく、文末か、段落の最後まで読んでから調べると良いでしょう。思考を遮られることがなく、読解力が身に付きやすいほか、文章全体から単語の意味を推測できる場合もあるためです。

英文を読む力を付ける

英文の読解力と速読力を養うには、まず英語に慣れましょう。毎日何らかの形で、英語に触れるようにしたいものです。
Part7に50~55分を確保するということは、Part5と6の合計46の設問を20~25分で解く計算になり、1問あたりに平均で30秒前後しかかけられません。つまり、長文問題に限らず、英文を読むスピードが求められます。
英語の新聞や雑誌、インターネットの記事、ブログ、学習用アプリなど、読むものは何でも構いません。ただし、一部の時事週刊誌など、難しい文章や単語の多い英文は、読むのに苦労したり、長続きしなかったりします。趣味や仕事など、自分が興味のある分野の文章ならそれほど苦にならず、長く続けられるでしょう。
また、必ずしも長文にこだわる必要はありません。短い文章でも数多く読めば、読解力向上に役立つはずです。
上記の練習を根気よく続けて、頭の中で英語を逐一和訳しなくても自然に理解できるようになるのが理想的です。そうすれば英文を速く読めるようになり、TOEICで解答できる問題数と正答率もアップするでしょう。

TOEICの出題形式に慣れる

TOEICでスコアアップを図るには、出題される文章のジャンルや形式にも慣れが必要です。過去の問題集や専用参考書などを使って、繰り返し練習すると良いでしょう。頻出ジャンルがわかるとともに、出題パターンに慣れることもできます。過去の問題に挑戦するときは時間を計りながら解いてみると、時間配分の感覚や解答ペースが身に付くでしょう。

スコアアップを図るには慣れが重要

TOEICのPart7で正答率を上げるには、日頃から英語に慣れ親しみ、英文を読むスピードを上げることと、本番のテストでは解き方のコツを押さえて解答することが大切です。時間配分にも細心の注意を払い、解くようにしましょう。Part7に苦手意識のある人や、全問解き終えたことがない人は、今回ご紹介した解き方のコツを参考に、参考書や過去問で練習してみてください。
また、TOEIC全体に目を向けると、慣れが必要なのはリーディングだけではありません。リスニングも参考書や過去問で繰り返し練習しておくと、スコアアップが期待できます。リーディングの訓練をするときに、発音しながら挑戦してみるのも良いでしょう。声を出さずに唇と舌を動かすだけでも構いません。ただ読むだけよりも覚えやすくなり、スピーキングの練習にもなるはずです。

LINE@用画像




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。