英語で断る際のお役立ちフレーズ|ビジネスシーンで使える表現満載!

英語で相手の誘いを断るとき、どのようなフレーズが思い浮かびますか。学校で習う表現には、「I’m sorry.」や「No thank you.」などがありますが、日本語同様、英語にも状況に合わせてさまざまな断り方の表現があります。角を立てずにやんわりと断りたいときや、しつこい誘いをきっぱり断りたいとき、英語ではどのように表現するのでしょうか。
今回は、英語で断る意思を伝えるためのフレーズを、ニュアンスやシーン別にご紹介します。

丁寧に断る英語フレーズ

ビジネスシーンでは、状況やタイミングに応じて、相手の申し出を丁寧に断らなければならないことがあります。ここでは、相手に不快感を与えないよう配慮しつつ、丁寧にNOサインを出す表現を見てみましょう。

丁寧に断るポイント

ビジネスシーンで断るときは、明確に誘いや提案を「受けられない」ことを伝えましょう。その上で、相手の気分を害しないように、提案に沿えないことを残念に感じている点や、相手の提案に対して感謝の気持ちを伝えることが大切です。
まず、「Thank you.」や「That sounds good.」など肯定的なフレーズから始め、その上で断りの表現を伝えれば相手に好印象を与えられるでしょう。

実際に、断る際に使えるフレーズをシーン別にご紹介します。

親しい人に対して丁寧に断る

会社の部署内や同期など、気を使わない相手に対して丁寧に断るときは、以下のようなフレーズを使ってみましょう。

Thank you, but I can’t.
(ありがとう。でもできません)
That sounds interesting, but I won’t join it.
(面白そうだね。でも今回はやめておきます)

フォーマルな場面で丁寧に断る

商談や会議において、相手に不快感を与えずに丁寧に断るには、親しい人に対する表現とはまた違った、断りの前置きを必要とします。

We regret that we cannot accept your proposal.
(残念ながら、そちらのご提案をお引き受けすることはできません)

「We regret?」は「後悔している」という意から、「残念ながら」という気持ちを表現する際によく用いられます。

そのほか、最初に明確に断り、理由を後付けする表現もあります。

I am unable to make it due to a prior commitment.
(先約がございますので、それはかないません)

「a prior commitment」は「先約」という意味で、スケジュールが合わないときに使いやすい表現です。また、理由を伝えるフレーズとしては、「due to~」のほか、「because of~」でも代用できます。

最後に、断りの申し出を受けてくれた相手にお礼の言葉を伝えましょう。

Thank you for your kind understanding.
(ご理解いただきありがとうございます)

メールで丁寧に断る

続いて、文面で取引先の提案を丁寧に断るフレーズをご紹介します。ここでも「NO」と伝えつつもフォローを忘れないようにしましょう。

Unfortunately, we are unable to agree with your proposal.
(残念ながら、そちらもご提案に同意することはできません)

「unfortunately」というフレーズは「We regret~」に比べると、口語では少し堅苦しい印象になりますが、メールでは「あいにく」や「残念ながら」など、敬語表現の一種として使われます。
相手へのフォローには以下のフレーズを使ってみましょう。

We are sorry to turn down this proposal.
(こちらのご提案をお断りして申し訳ございません)

先に残念に思う気持ちを伝えた上で、断る理由を添えます。断る表現として、「turn down」を使うと、「refuse」や「reject」よりも柔らかい印象を与えられます。

メールの末尾には、期待を込めて次のように記載すると良いでしょう。

I am looking forward to working with you another time.
(次回こそ、仕事でご一緒できることを楽しみしております)

やんわりと断る英語フレーズ

同僚や友人など、近しい人の誘いを遠回しに断りたいときもあるでしょう。明確に「NO」と言わず、やんわりと断るフレーズをご紹介します。

やんわりと断るときのポイント

やんわりと断るには、相手への気遣いを感じさせる英語表現を使うことが大切です。婉曲表現を巧みに使い、本当は誘いを受けたいけれど残念ながらできない、という気持ちを伝える必要があります。

遠回しに断る

残念な気持ちを込めて、遠回しに断るには、以下のフレーズが使えます。

I’m afraid that we cannot adjust the schedule.(スケジュールが調整できないかなぁ)

「I’m afraid that~」というフレーズは「~かもしれない」という日本語になります。「may」を使うよりも、断るニュアンスを出すことができ、「I’m afraid that~」以降に続くことは変更できないけれど、残念に感じているという意味合いになります。
「may」も「かもしれない」という意味合いがありますが、「I may not be able to go.(行けないかもしれない)」と伝えても、「行くつもりだけど行けないかもしれない」というニュアンスが強くなり、どっちつかずの印象になります。肝心の返事が留保されているように聞こえるため、断る際には使わないほうが良いでしょう。

「次は行くから」という前向きな表現で断ることも有用です。次の機会を楽しみにしていることが伝えられます。

I’ll take a rain check on that.(また今度誘ってください)

相手への配慮を表して断る

どれだけ婉曲表現を使って断ったとしても、断る理由がなければ、相手も判然としません。そこで、お詫びをした上で、断る理由を添えるようにしましょう。

I’m sorry, but I have too much work to finish by next week.
(申し訳ないけど、来週までに済ませなきゃならない仕事が山のようにあるんだ)

このように、「I’m sorry」の後に「but」を続けることで、理由を添えることができます。

そのほか、代表的な理由には「I’m busy in doing.(~で忙しい)」や「I’m in the middle of something.(取り込み中なんだ)」「I don’t have the time to.(時間が取れない)」などというフレーズもあります。

残念な気持ちを表して断る

「本当は誘いを受けたいんだけれど残念ながらできない」というケースもあるでしょう。英語の仮定法を用いて誘いを受けたい気持ちを表現しましょう。

I wish I could, but I have another job.
(できるならしたいんだけど、他の用事があるんだ)
I’d love to but I have something to do tonight.
(ぜひやりたいんだけど、今夜は用事があるんだ)

仮定法は、現実とは正反対の事柄を述べることで「それがかなったら良いなぁ」というニュアンスを出す表現です。少々大げさになりますが、「I wish」を「If only」に言い換えると、より断るのを残念に思っている印象になります。

If only I could, but I have already made a plan for a trip.
(できたらいいのになぁ、でもすでに旅行の予定を入れているんだ)

きっぱり断る英語フレーズ

しつこい営業の電話や気乗りしない誘いなど、はっきり「NO」と伝えなければならない場面もあります。「はっきりと断る気持ち」を示せるフレーズも押さえておきましょう。

きっぱり断るときのポイント

まずは、言葉と態度で提案に興味がなく、誘いを受けたくないことをしっかりと伝えましょう。言葉では拒否していても、遠慮がちな態度をとっていると、相手が誤解してしまうかもしれません。また、どちらにも取れる表現で、自分の意思を曖昧に伝えるのも危険です。両義的な表現をすると、揚げ足を取られたり、話がこじれたりする恐れがあるので避けましょう。

営業電話をはっきり断る

会社にかかってきた営業の電話を丁重に断りたいときは、次のようなフレーズを使ってみてください。

We are not interested.(興味ありません)
We don’t need those kind of product.(そのような商品は必要ありません)

このケースで大切なのは、不用意に理由を言わないことです。曖昧な理由を伝えると、話を広げられるきっかけになりかねません。非情に感じるかもしれませんが、相手の取り付く島がないくらい、きっぱりと断りましょう。

興味のない誘いをはっきり断る

親しい間柄でも、しつこい誘いをはっきり断りたい場面もあるでしょう。強めのフレーズで拒否感を示すと、自分の本意を伝えられるでしょう。

Sorry, I can make it.(ごめん、それは無理)

「やんわりと断る」でご紹介したフレーズの「but」を抜いたパターンですが、それだけで相手への配慮よりも自分の意思をストレートに伝えるニュアンスが強くなります。

I absolutely refuse.(絶対に嫌です)
Certainly not.(絶対に駄目です)

明確な拒絶を示すフレーズですが、「absolutely」や「refuse」は本当に親密な間柄にしか使うことができないくらい、過激な印象を与えるフレーズです。
ビジネスの場面でうっかり使ってしまうと、横柄で礼節を欠く行為と取られる可能性が高いので注意しましょう。

断るときは理由を添えて、誠意を示そう

誘ってくれた相手と良好な関係を保つためには、断る理由を必ず添えることが大切です。どれだけ技巧的なフレーズを使っても、理由がなければ相手は不信感を抱く恐れがあります。反対に、「I’m sorry, but~」のような単純なフレーズでも、きちんと理由を伝えるだけで、相手に誠意を示すことが可能です。
丁寧に、やんわりと、相手に不快感を与えないように断るフレーズは多岐にわたります。状況や自分の心情に合わせて、適切な表現を使いましょう。

オススメ記事

LINE@用画像




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。